自分にピッタリの格安スマホ&SIMが3分で見つかる!

2015年5月以降に販売される端末においては全てSIMロック解除が義務付けられたことにより、格安スマホ・SIMが人気ですね。
月額の料金が格安になる他、ややこしいキャリアのプランや2年契約などの縛りもないので、自分に合った携帯を必要最低限の料金で使うことができるのは、大きなメリットです。
そんな格安スマホを、当サイトでは「格安スマホ・SIMはどれがいいの?」という方のために、「電話メインで使う人向け」「動画視聴を良くする人向け」「外出時にネットを利用する人向け」など分かりやすくご紹介しています。
月額3,000円以下も余裕でなれてしまいます。


総合力で選ぶならコレ!”安くて使いやすい”格安スマホ&SIMランキング

1位楽天モバイル

楽天モバイルの詳細楽天モバイルの詳細★★★★★
安い月額料金&電話料半額&楽天ポイントが貯まる!

安い月額料金と通話料半額アプリがある『楽天モバイル』。全体的にバランスが良いのが特徴です。また、定期的に人気機種が1,000円以下で購入できるキャンペーンを行っているので、ガラケーからの乗り換えや、スマホ端末も一緒に購入したい人におすすめです。楽天モバイル契約中は楽天市場でのお買い物が常に楽天ポイント2倍になりますので、携帯代以外でもお得になることができます。

月額料金 回線 音声通話プラン スマホセット
525円~ docomo あり あり

2位mineo

mineoの詳細

★★★★★

au端末でも使える格安スマホ

現在auで使っているスマホをそのまま格安スマホに乗り換えたい時におすすめなのが『mineo』。au端末をそのまま使える格安スマホは少なく、その中でもmineoはトップレベルの人気。余った通信量は翌月に繰り越せたり、他のmineoユーザーと通信量は毎月1GBまでシェアできる『フリータンク』など、使いやすいサービスがたくさんあります。

月額料金 回線 音声通話プラン スマホセット
1,310円~ au/docomo あり あり

3位スマホTONE

TSUTAYAのスマホTONEの詳細

★★★★★

初心者ならコレ!40代以上&子どもにおすすめの格安スマホ

TSUTAYAが提供する格安スマホ「スマホTONE」。他の格安スマホと違って「電話・店舗サポートあり」「無料のスマホ教室開催中」と無料サポート体制を完備!さらに、位置情報の確認・アプリの管理・利用時間帯の管理を自分のスマホから操作できるので、子どもに持たせるスマホとしても人気です。

月額料金 回線 音声通話プラン スマホセット
1,000円~ docomo あり あり

4位DMMモバイル

DMMモバイル

★★★★☆

業界最安値水準&幅広い選べるサービス!

どのプランを選んでも業界最安値水準の月額料金で使えるのが『DMMモバイル』。「とにかく安い料金でスマホを使いたい!」という人に一番おすすめです。プランは1GB~40GBまで幅広く用意されており、自分のネットの使い方に合わせて最適なプランを選ぶことができます。もちろん、料金が安いからと言って通信の品質が悪かったりすることもなく、余ったデータ通信量は翌月に繰り越せたり、低速制限時も一時的に高速通信ができる『バースト機能』など、豊富なサービスが用意されています。

月額料金 回線 音声通話プラン スマホセット
440円~ docomo あり あり

5位NifMo

NifMoの詳細へ

★★★☆☆

電話かけ放題の格安スマホ

電話を毎月たくさん使う人におすすめなのが『NifMo』。格安スマホでは珍しい「電話かけ放題」が用意されており、キャリアの電話かけ放題よりも安く使うことができます。また、公衆Wi-Fi「BBモバイルポイント」が無料で使えるので、外出時も通信制限を気にすることなくネットを楽しむことができます。

月額料金 回線 音声通話プラン スマホセット
900円~ docomo あり あり

6位U-mobile

U-mobile

★★★☆☆

ネット使い放題のプランが魅力的!

ネットや動画をたくさん使う人におすすめの格安スマホが『U-mobile』。「高速LTE通信使い放題プラン」が用意されており、通信制限を気にすることなくネットや動画を楽しむことができます。また、最近ではSoftbankのiPhoneでも乗り換えられる珍しいプランも始まったので、SoftbankのiPhoneをそのまま使いたい人にもおすすめです。

月額料金 回線 音声通話プラン スマホセット
680円~ docomo あり あり

7位イオンモバイル

イオンモバイルの詳細

★★★☆☆

初心者にも優しいサポート体制

スマホに慣れていない人におすすめなのが『イオンモバイル』。全国のイオンに店舗があり、対面でスマホの使い方やトラブル・故障時の対応をしてもらうことができます。また、月額料金も安く、契約縛りも一切ないので、気軽に契約することができます。

月額料金 回線 音声通話プラン スマホセット
480円~ docomo あり あり


おすすめの格安スマホは使い方によって変わる

格安スマホは『自分がどのようにスマホを使うのか?』によっておすすめが変わります。たとえば、通話が多い人は電話かけ放題があるNifMoがおすすめですし、毎日2時間以上ネットや動画を見る人は通信無制限プランがあるU-mobileがおすすめになります。

「メールの送受信、Line、通話と時々検索で使用する」のような普通の使い方をする人でも、「とにかく料金が安い方がいい」という人や「通信速度は速くないと嫌だ」という人など、目的が微妙に違いますよね。

このように、まずは自分のスマホの使い方を確認して、そのあとに格安スマホを選ぶようにしましょう。以下では、各ページに目的に合ったおすすめ格安スマホをご紹介しています。

「同じ端末を使うのか」「端末も新しく買うのか」によっても変わる

今まで使っていた端末をそのまま格安スマホとして使うのか?、ガラケーから乗り換えるために新しく端末を購入するのか?によっても、おすすめの格安スマホは変わります。

今までの端末を使う場合は、まず『キャリアをチェック』。ほとんどの格安スマホはdocomoのみに対応しているため、auやSoftbanakの人は選べる格安スマホが限られてきます。

docomo端末対応 楽天モバイル、イオンモバイル、DMMモバイル、BIGLOBE、mineo、NifMo、U-mobile、LINEモバイル、IIJmio
au端末対応 mineo、IIJmio、UQ mobile
Softbank端末対応 U-mobile

自分のキャリアに対応している格安スマホを使えばSIMロック解除を行うことなく、そのまま乗り換えることができます。SIMロック解除を行えばどの格安スマホにでも乗り換えることができますが、SIMロック解除には条件があり、条件を満たしていない場合はSIMロック解除は行えません。

【SIMロック解除の条件】

  1. 2015年5月以降に販売された端末
  2. 契約から180日以上が経過している

SIMロック解除ができなかったり、自分の端末に対応していない格安スマホを使いたい場合は、MVNOが用意する端末セットを選びましょう。端末の分割料金がかかりますが、基本的にどの格安スマホを選んでも月額3,000円~5,000円で使えるので、キャリアのスマホよりは圧倒的にお得です。

ちなみにおすすめは『楽天モバイル』です。定期的に人気機種を1,000円以下で購入できるキャンペーンを行っているので、端末もお得に手に入れることができます。

格安スマホ 特徴
楽天モバイル キャンペーンで端末の料金が安い
mineo docomo端末、au端末どちらでも乗り換えが可能
DMMモバイル 業界最安値水準の料金プラン
BIGLOBE 通信速度が速い&安定した通信品質
LINEモバイル LINE、Twitter、Facebook、Instagramが通信制限なしで使える
NifMo 電話かけ放題プランを用意した数少ないMVNO
U-mobile 通信無制限のプランを用意した数少ないMVNO
UQ mobile 格安スマホの中でもトップレベルの高速通信ができる
イオンモバイル 全国のイオンに店舗があり、故障・トラブルサポートが万全
スマホTONE 子供が安心して使える『見守り機能』が付いた子供向け格安スマホ

新しいスマホ(端末)も一緒に買いたい!そんなときにおすすめの最新端末

HUAWEI nova lite

オススメ度:★★★★★ 5
HUAWEI nova liteの詳細 発売日 2016年冬
発売元 HUAWEI
容量 16GB
メインメモリ 3GB
価格 17,064円~
カラー ゴールド/ブラック/ホワイト
商品説明 どこで買う?
低価格&高機能な人気の端末。大容量バッテリーで電池持ち良し。CPUコア数も、オタクコアで高速処理が可能。
画面サイズ:5.2インチ OS:Android 7.0
メインカメラ画素数:約1,200万画素
バッテリー:3,000mAh Wi-Fiテザリング:○
おサイフケータイ:× ワンセグ:×
GPS:○ 防水:×

ASUS ZenFone3 Max

オススメ度:★★★★★ 5
ASUS ZenFone3 Maxの詳細 発売日 2016年冬
発売元 ASUS
容量 16GB
メインメモリ 2GB
価格 19,238円~
カラー シルバー/ゴールド/グレー
商品説明 どこで買う?
指紋センサー搭載の高コスパ端末。他のスマホやタブレット、モバイルルーターを充電できる機能も付いている。
画面サイズ:5.2インチ OS:Android 6.0
メインカメラ画素数:約1,300万画素
バッテリー:4,100mAh Wi-Fiテザリング:○
おサイフケータイ:× ワンセグ:×
GPS:○ 防水:×

VAIO Phone A

オススメ度:★★★★★ 5
VAIO Phone Aの詳細 発売日 2017年春
発売元 VAIO
容量 16GB
メインメモリ 3GB
価格 26,773円~
カラー シルバー
商品説明 どこで買う?
デュアルSIM・デュアルスタンバイ対応のハイスペックスマホ。豊富なアプリで仕事から遊びまで幅広く使える。
画面サイズ:5.5インチ OS:Android 6.0
メインカメラ画素数:約1,300万画素
バッテリー:2800mAh Wi-Fiテザリング:○
おサイフケータイ:× ワンセグ:×
GPS:○ 防水:×

“格安スマホ”と”普通のスマホ”は何が違うの?

格安スマホが普通のスマホよりも優れているのは以下の点です。

  • 毎月の携帯代が普通のスマホの半額以下
  • かけ放題プランなど、自分に必要のないプランを利用せずにすむ
  • 料金プランがシンプルで分かりやすい
  • 契約期間の縛りがない or 短い

今やほとんどの人が持っているスマホですが、「正直こんなプラン必要ない!」「電話だけできれば十分だ」「毎月の携帯代が高すぎる」と思ったことはありませんか?

格安スマホはこういった自分に不要な機能を削ることで、毎月の料金を格安にできるのです。

例えば、ドコモのスマホを使う場合「かけ放題プラン」に必ず入会しなければなりません。
しかし、普段電話をあまりかけない人にとってはメリットが少ないので、かけ放題プランの分だけ損をしているというわけです。

なので、この余分な機能を削って通話機能を制限すれば、その分毎月の料金も安くなるというわけですね。

格安スマホでできないこと

格安スマホでできないことは「キャリアのメールアドレスが使えないこと」です。
キャリアのメールアドレスとは、「@ezweb.ne.jp」や「@docomo.ne.jp」のことです。

しかしキャリアのメールアドレスが使えなくても、yahooメールやGmailなどのフリーメールは使うことができるので、特に大きなデメリットというわけではありません。

他のデメリットは、電話がかけ放題じゃないので、通話時間が長いとその分かかる費用も大きくなるぐらいです。

電話番号は現在使っているものをそのまま引き継ぐことができますし、格安スマホでネットに繋いでも基本料金以上のお金がかかることはないので安心してください。

≫格安スマホとは?購入前に知っておきたいメリット・デメリット

≫格安スマホの購入手順

楽天モバイルの申し込みはネットと店舗どっちがおすすめ?【お得度や手軽さを比較】

楽天モバイルの申し込み方法は『ネット』と『店舗』の2つが用意されています。多くの方は『ネット』経由の申し込みを行いますが、どちらにもメリット・デメリットがありますので、今回はお得度や手軽さから「どっちの申し込み方法の方が…