格安スマホとは?購入前に知っておきたいメリット・デメリット

*
初心者おすすめ格安スマホ > 基礎知識 > 格安スマホとは?購入前に知っておきたいメリット・デメリット

格安スマホとは?購入前に知っておきたいメリット・デメリット

格安スマホとは?購入前に知っておきたいメリット・デメリット
SIMフリー化が義務付けられたことにより、格安スマホに乗り換える、または乗り換えようと考えている人も多いかと思われますが、実は「格安スマホ」という言葉は知っているけどイマイチどういうものか理解していないという方も多いのではないでしょうか?

格安スマホだからといって全ての人が格安で利用できるわけではありませんし、例え格安になっても人によっては使いづらいということも十分に考えられます。

格安スマホは普段使わない機能を制限することによって料金を安くしていますから、選び方によっては全然お得ではないので、詳しくは分からなくてもある程度の予備知識として理解しておきましょう。

知っているのと知らないのでは、契約した後に後悔する確率もグッと変わりますよ。



そもそも格安スマホとは?

格安スマホとは、SIMフリーのスマホ格安SIMカードを組み合わせたものです。
iPhoneやスマートフォン、従来の携帯電話(ガラケー)、モバイルWi-Fiには全てSIMカードが挿入されており、このSIMカードがあることによって電話やネットを使うことができます。

auやdocomoなどで契約をすると、最初から店員が挿入した状態で渡してくれるので、見たことがないという人も多いかもしれませんね。

格安スマホはこのSIMカードを自分で契約して使うことになります。

SIMカードを提供している業者とネットから申込み・契約をすると、自宅にSIMカードが送られてきます。
そして、そのSIMカードを自分のスマホに挿入して設定をすれば、格安スマホの完成です。

多少の手間がかかるので「少し面倒そうだなぁ」「自分にできるか心配」という方は、スマホとセットで販売している業者もいますので、そちらがおすすめです。

スマホセットで格安スマホを使う

また、現在スマホを持っていないけど格安スマホを使いたいという方も、スマホとSIMカードを別々に手に入れるよりも安いので、スマホとセットで販売している業者がおすすめです。

サービスを提供しているのが「MVNO」だから料金が安い

MVNOとは、自社では通信設備を持たずに、他者(MNO)の通信設備を借りてサービスを提供している会社のことです。簡単に言えば「格安スマホを販売している会社」ということですね。
以前は通信設備を持った会社しかモバイル通信(インターネット接続)サービスを提供できず、サービス内容や利用料金が携帯電話キャリア数社が決めたものしかなく、利用者の選択肢がほとんどありませんでした。

しかしMVNOの登場により、自分に合ったプランを選べるようになり、例えば「動画をよく視聴するから、月々のパケット使用量の上限や通信速度に余裕があるサービスがいい」「ツイッターやライン・メールでの連絡がほとんどだから、低速でも通信料が安いのがいい」という場合に、通常の料金よりも安く、自分に合ったプランを選べるのです。

SIMカードの種類によっては使えないことも

SIMカードには種類が4つあり「フルサイズのSIM」「miniSIM」「microSIM」「nanoSIM」があります。
一番使われているのが「miniSIM」なので、一般的にSIMカードというとminiSIMのことを指します。

性能に違いがあるわけではありませんが、サイズによってスマホに入らない、またはサイズが小さすぎて使えないということもあるので、注意してください。

「どうやって自分のスマホのSIMカードの大きさを見分けるの?」と思われる方もいるかと思いますが、自分の機種の情報を公式サイトで確認すると掲載されているので安心してください。

現在使っているスマホを利用する場合は、SIMカードと対応するか確認しておく!

格安スマホを使う時、「今まで使っていたスマホに格安スマホ用のSIMカードを挿入して使う」か「スマホとセットで契約して使う」かのどちらかの方法で使うことになるのですが、前者の場合はSIMカードと対応するかを事前に確認しておく必要があります。

自分が契約する予定のSIMカード提供業者の公式サイトで「動作確認済み端末」という項目でチェックすれば確認することができます。

また、2015年5月以降に発売されたスマホは全て「SIMフリー」なので、どの回線のSIMカードでも使うことができますが、2015年5月以前に発売されたスマホは「SIMロック」がかかっており、対応したSIMカードしか使うことができません。

対応したSIMカードの見分け方は回線で見分けるのがいいでしょう。
SIMカードは主に「au回線」か「docomo回線」の2つの種類の回線に分けることができ、auのスマホなら「au回線」、docomoのスマホなら「docomo回線」のSIMカードを使用する必要があります。

ちなみに日本ではiPhoneを使っている人が多いですが、iPhone5以降はSIMフリーなので、どのSIMカードでも使うことができます。

格安スマホのデメリット

格安スマホのデメリットは主に以下のようなものがあります。

  • メールアドレスがない
  • 通信できる容量が少なく、通信速度が遅い場合もある
  • スマホ自体が少し古い
  • 電話をかけるほど料金が高くなる

1.メールアドレスがない

携帯電話を契約すると「@ezweb.ne.jp」や「@docomo.ne.jp」などキャリアのメールアドレスを利用することができますが、格安スマホの場合は利用することが出来ません。
なので、現在メールの利用が多い人は注意が必要です。

しかし、最近は多くの人がラインを使って連絡を取っているので、特にデメリットではないという方も多いかと思われます。

また、yahooメールやGmailなどの無料のフリーメールは利用することができるので、メールアドレスの登録が必要な場合でも特に困ることはありません。

2.通信できる容量が少なく、通信速度が遅い場合もある

契約する業者ごとに1GB/月から10GB/月までの通信制限をかけており、その通信制限を越えると通信速度が遅くなってしまいます。
これもキャリアが提供するスマホを使う時も同じなので、特にデメリットではないという方も多いでしょう。

しかし、問題なのが普段の通信速度もキャリアのスマホと比べると少し遅いという点です。

普通に使う分には問題ありませんが、例えば動画を視聴する回数が多い人や大容量のアプリをダウンロードする場合は少し不便に感じるかもしれません。
また、サイトのページ表示も遅くなるので、外で頻繁に使う場合は注意が必要です。

どうしても低速が嫌な場合は、業者が提供する速度を上げるサービスを利用すれば、低速を解決することが可能です。

通信の安定性に関しては、格安スマホだからと言って「電話がつながりにくいぞ・・・」といったことはありません。
基本的に格安スマホもドコモ回線を使用しているため、山の中でも比較的安定した通信することができます。

3.スマホ自体が少し古い

格安スマホでスマホとセットで利用する場合は型落ちのモデルを使ったり、価格の安いスマートフォンを使うことで、価格を安くしています。

ただ、最近は格安スマホの需要もかなり伸びており、最新とまではいかなくてもハイスペックな端末が増えています。
アプリは最新のものにまで対応しているし、カメラ機能も超高画質とまではいかなくても、デジカメで撮ったようなキレイな写真を撮ることができるので、ヘビーユーザーでもない限りほとんどの方は満足できる性能になっています。

もし「どうしても新発売された新しいスマホを使いたい!」という場合は、別にスマホ端末を購入する方法もあります。
MVNOは格安SIMカードを単体でも販売しており、自分で別途スマホを用意することで、その端末を格安スマホとして使うことができるわけです。

実は最新機種の端末は中古で購入することも可能です、最新のiPhone6sなんかも3割引きぐらいの価格で購入することができます。

格安スマホはどこで買えるの?端末の主な購入場所

4.電話をかけるほど料金が高くなる

格安スマホには電話かけ放題のプランがないので、電話をかけるほど料金が高くなっていきます。
かかる料金は一般的に20円/30秒です。

最近はラインの無料通話で電話をする人も多いので、これも特に問題ないという方もいるでしょう。

また、業者によっては通話割引キャンペーンや050番号を使った格安電話を提供していることがあるので、チェックしてみましょう。

ちなみに電話の機能自体をなくすプランもありますが、格安スマホをメインで使う場合はおすすめできません。
電話が使えなければ、事故などの緊急時に電話をかけることができなくなるので、メインで使う場合は必ず電話をかけられるプランを選びましょう。

格安スマホのメリット

  • 料金が安い
  • スマホ初心者も分かりやすい料金プラン
  • ライトユーザーに必要な機能しか付いていない
  • 子どもにも格安でスマホを持たせられる

1.料金が安い

格安スマホの1番のメリットがなんといってもコレですね。料金が安い

通常スマホの料金は月に1万円を超えることも珍しくありませんが、格安スマホに変えるだけで月額3,000円~5,000円にまで抑えることが可能です。
もちろん使い方などは今までと変わらず、電話番号も全く同じものが使えます。

もともとキャリアのスマホが高額な理由は「おサイフケータイ」をはじめとする様々な機能が付帯されているからです。
しかし、多くの人にとっては使わない機能ばかりなので、ずっと損をしていたわけです。

そこで、格安スマホではこういった機能を無くし、「電話」と「ネット」を基本にアプリやカメラなど必要最低限なものだけを利用することによって格安にしているわけです。

2.スマホ初心者も分かりやすい料金プラン

キャリアのスマホだと何かとプランが多くて面倒に感じることが多いですよね。
しかし、格安スマホなら「電話をするorしない」「1ヶ月何GB使うか?」という2点だけでプランを選ぶことができます。

例えば、以下は楽天モバイルの料金プランです。
楽天モバイルの料金プラン

電話機能が付いたプランが「音声SIM」、付いていないのが「データSIM」となっており、後は1ヶ月に何GB使うのか?によって決まります。
SMSはショートメッセージサービスのことですが、こちらはアプリの認証で使われることが多いので「あり」を選んでおきましょう。

このようにどの格安スマホでパッとひと目見ただけで分かるようなプランばかりなので、あれこれ考えるストレスなくスマホを購入することができるのも格安スマホのメリットです。

3.ライトユーザーに必要な機能しか付いていない

重複になりますが、格安スマホには「電話」と「ネット」を基本にアプリやカメラなど必要最低限なものだけしか付いていません。
スマホを携帯電話として使わないライトユーザー(例えば「電話だけ」「メールだけ」「電話とアプリを使うぐらい」「ネットと電話しかしない」といったユーザー)なら、自分に必要な機能だけを使うことができるので、使い勝手もよくなります。

40代・50代以上の方に中には「スマホやパソコンなどの操作が苦手・・・」という方も多いかと思いますが、そういった人でも余計な機能がなくシンプルに使いこなせるのが格安スマホのいいところでもあります。

子どもや孫との連絡手段で今はメールよりもラインが使われることがほとんどなため、格安スマホ利用する方も年々増加傾向にあります。

40代・50代以上の世代の方に人気の格安スマホ「スマホTONE」スマホTONE公式サイトへ

4.子どもにも格安でスマホを持たせられる

最近では「小学生でもスマホを持つのが当たり前」と言われており、親御さんの中にも「時代の流れでもあるし、スマホを持たせてあげようかな」と考えている方もいるかと思います。

しかし、子供にスマホを持たせるにしても「月々の支払い」「スマホの安全性」が気になって、なかなか踏み出せないということもありますよね。

ですが、格安スマホなら月々の支払いをかなり抑えることができますし、子供のスマホを自分のスマホで管理できる格安スマホも登場しているので、安全性もクリアすることができまます。

特に安全性を重視るなら「スマホTONEスマホTONE公式サイトへ」がおすすめ。40代・50代の方にも人気なのですが、スマホTONEには最初からスマホを管理できるサービスが含まれており、面倒な設定も必要ないので子供に持たせるスマホとしても人気です。

「居場所をリアルタイムで把握できる」「アプリのインストールを管理できる」「利用時間帯を制限できる」というような機能が付いていますので、「全然勉強しない・・・」「出会い系アプリを使ってるかも・・・」「塾の帰りが遅いな・・・」というときにすぐに対処することができます

スマホTONEを徹底評価しました!

格安スマホはこんな人におすすめ

一般的なスマホよりも機能が制限されることを考えると、スマホをあまり利用しない人がおすすめだといえます。
例えば、基本的には自分から電話をかけず、連絡はメールやラインでしか取らないというような人や、ライン・メールとツイッターやFacebookなどのSNSだけ利用できればいいという人ですね。

おじいちゃん・おばあちゃんに使ってもらうためや、子どもにライン専用のスマホとして持たせる場合が当てはまるのではないでしょうか。

特に、子どもにスマホを持たせる場合は何か犯罪に巻き込まれるかもしれなくて心配だから持たせるのに抵抗があるという方も多いかと思われますが、格安スマホなら1GB/月に設定しておけばライン専用のスマホとしてしか使えないようにすることができます。
電話料金もかけるほど高くなるので、子どもはむやみに電話をかけることができませんし、通信制限があるので長時間ネットを利用することもできません。
さらに、料金も毎月3,000円以下にすることができるので、普通のスマホの半額以下で使わせることができます。

スマホの子どもへの影響が心配なら、格安スマホがおすすめ

また、自分で使用する場合は2台目のサブスマホとして使うのが良いでしょう。

大手の格安スマホ提供会社

格安スマホで利用できる業者は多いですが、中には契約にない料金を請求されたり、契約内容を勝手に変えられたりする業者もあります。
なので、なるべく信頼できる大手の業者を利用しましょう。

当サイトでは、信頼でき知名度の高い業者のみをご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

DMMモバイル

DMMモバイル
DMMが提供するモバイル通信サービス。
月の料金が安く、1GB/月で440円/月と、格安スマホの中でもトップレベルの安さです。
ネットの通信が低速の時でも少しの間早くすることができる「バースト機能」や、毎月の通信制限を1GBから20GBまで細かく選ぶことができるのが魅力。

IIJmio


業界シェア2位の人気SIM。
常に通信速度の高品質を保つように心がけているため、通信速度を優先してSIMを探している人に一番おすすめ。
料金も比較的安めで、MNPやSMS機能・音声通話機能などにも対応しています。iPhone6など最新のiOSにもしっかりと対応!

U-mobile

U-mobile
U-mobileでは高速通信のLTEを無制限で利用できるプランがあるのが魅力。
料金も2,980円/月と低価格なので、サブスマホに最適です。
月のデータ通信量が1GBなら680円、1~3GBなら900円という二段階定額プランの「ダブルフィックス」を選べば、月の利用状況に合わせた料金しかかからないのでおすすめです。

OCNモバイルONE

OCNモバイルONE
OCNモバイルONEの魅力は毎月料金プランを変更できること。
例えば、あまり使わない月は110MB/日で月額900円(税別)のプランにして、使う頻繁に使う月は15GB/月で月額1,800円(税別)のプランに変更可能です。
自分がどれだけ毎月データ通信量がかかっているか分からない場合でも、使いながら上限をどんどん上げていけるので、最適なプランが見つけやすいですよ。



≫格安スマホの選び方


10月MVNOキャンペーン情報

大判振る舞いキャンペーンmineo公式ページへ大判振る舞いキャンペーン!
【キャンぺーン期間】
2017年9月1日(金)~2017年11月9日(木)
【キャンペーン内容】
1年間毎月900円割引!

 

LINEモバイルデビュー応援!2ヶ月連続3GB増量キャンペーン LINEモバイルデビュー応援!2ヶ月連続3GB増量キャンペーンLINEモバイル公式サイトへ
【キャンぺーン期間】
2017年11月30日(木)まで【キャンペーン内容】
対象期間中にLINEモバイルを利用開始し「コミュニケーションフリープラン」「MUSIC+プラン」をご利用の方に2ヶ月間、3GBを付与!

防水スマホ 富士通 arrows M03 5000円割引! 防水スマホ 富士通 arrows M03 5000円割引!LINEモバイル公式サイトへ
【キャンぺーン期間】
2017年5月17日から

【キャンペーン内容】
富士通のarrows M03の端末代金が5000円割引で買える!

楽天モバイル期間限定キャンペーン楽天モバイル 期間限定スーパーセール
【キャンペーン内容】
月額基本料が1ヶ月間無料キャンペーン

はじめようスマホキャンペーン秋の親子割キャンペーン
【キャンぺーン期間】
2017年10月2日(火)~2017年11月30日(木)【キャンペーン内容】
同一名義で同時に2台以上新規ご契約の方は基本プラン月額6ヶ月無料

格安スマホとは?購入前に知っておきたいメリット・デメリット関連ページ

ガラケーから格安スマホへの乗り換え手順
「今までガラケーを使っていたけどスマホに乗り換えたい」というときに気になるのが『乗り換える手順』。電話番号がそのまま使えるのか?今契約しているキャリアはどうやって契約を終わらせるのか?格安SIMはどこで購入するのか?など […]
格安スマホでアプリは使える?購入前に知っておきたい注意点を解説
格安スマホに乗り換えると毎月の携帯料金を安く抑えられるメリットがありますが、いくつかデメリットもあります。その中で一つがアプリです。ほとんどのアプリはキャリアのスマホと同じように問題なく使用することができますが、いくつか […]
端末そのままで格安SIMに乗り換える手順&注意点
格安スマホは現在使っている端末をそのまま格安SIMに乗り換えることでも使うことができます。しかし、Softbankの端末ではそのまま格安SIMを入れ替えることができなかったり、LINEやアプリの設定、写真、音楽のデータは […]
格安スマホの電話は050plusなの?分かりやすく解説
050plusはIP電話というインターネット回線を利用した電話サービスのこと。090や080、070といった電話番号を使った通話とは使っている回線が違ったり、通話料金が違うのが特徴です。 「格安スマホに変えると050の電 […]
格安スマホでID検索できるのは『LINEモバイルだけ』
最近では連絡手段が『LINE(ライン)』メインだという方も多いかと思います。しかし、格安スマホではID検索を使うことができず「気軽に新しいスマホで友達追加ができない」「わざわざ会ったときにふるふるをしなければいけない」と […]
格安スマホ端末はキャリアよりも性能が劣る?【分かりやすく解説】
これから格安スマホに変えようと思っているときに気になるのが端末の性能ですよね。 ドコモなどのキャリアよりも端末代が安いので「やっぱり値段が安いから性能も低いのかな?」と気になる方も多いかと思います。 当ページでは、格安ス […]
格安スマホの購入方法・手順
「格安スマホってどこで買えるの?」と疑問に思われる方も多いかと思います。 そこで今回は、格安スマホの購入手順を簡単にまとめていこうかと思います。 細かい部分は各MVNOによって微妙に変わってくるかもしれませんが、全体の流 […]
格安スマホにSMS機能は必須
格安スマホのプランを見てみると「SMS機能あり」「SMS機能なし」というのを見かけますよね。 SMSは「ショートメールサービス(ShortMailService)」の頭文字を取ったもの。 ショートメールは電話番号を使って […]
格安スマホのメールについて
最近では格安スマホに乗り換える方も多く、毎月の携帯料金を減らしたいから特にデメリットがなければ乗り換えたい!という方も多いですよね。基本的にはキャリアのスマホと同じように使えるわけですが「メール」に関しては、格安スマホと […]
格安スマホ購入ローン
格安スマホの端末(白ロム)を購入して、格安SIMを入れて使う方もいるかと思います。 しかし、白ロムは最新機種になるほど値段も高く、例えばiPhone6s:95,800円、GALAXY S6:46,800円など、一括で買う […]