ドコモ端末がそのまま使える格安SIM

基本的に格安SIMはdocomo回線を利用しているため、docomo端末ならどの格安スマホでも使えると考えて問題ありません。格安SIMでdocomo端末に対応している有名どころは以下の通り。

【docomo端末で使える大手格安スマホ】

  • LINEモバイル
  • イオンモバイル
  • 楽天モバイル
  • DMMモバイル
  • BIGLOBE SIM/スマホ
  • IIJmio
  • U-mobile

格安SIMには通話機能がない「データSIM」と電話ができる「音声SIM」の2種類があり、そろぞれ料金が変わってきます。
詳しい料金は公式サイトに記載されていますが、一番安い料金で比較すると以下の通りです。

【一番安いプランでのドコモ格安SIMの比較表】


MVNO 料金 通話料金 通信量 最大下り速度 最低利用期間 解約金
DMMモバイルDMMモバイル公式サイトへ 480円 20円/30秒 1GB 225Mbps 12ヶ月 9,000円
イオンモバイルイオンモバイル公式サイトへ 480円 20円/30秒 1GB 225Mbps なし 無料
LINEモバイルLINEモバイル公式サイトへ 500円 20円/30秒 1GB 225Mbps なし 無料
楽天楽天モバイル公式サイトへ 900円 10円/30秒 3GB 150Mbps 12ヶ月 9,800円
BIGLOBEBIGLOBE SIM公式サイトへ 900円 10円/30秒 3GB 300Mbps なし 無料
IIJmioIIJmio公式サイトへ 900円 8円~/30秒 3GB 225Mbps 12ヶ月 無料
U-mobileU-mobile公式サイトへ 790円 20円/30秒 1GB 225Mbps 6ヶ月 6,000円~
mineomineo公式サイトへ 800円 20円/30秒 1GB 225Mbps 12ヶ月 12,420円

※:解約金は最低利用期間中に解約した場合に必要です。最低利用期間を過ぎてしまえば解約金は必要ありません。

ドコモ格安SIMを比較すると月額料金では「DMMモバイル」「イオンモバイル」、電話料金では「IIJmio」、ネットの速さでは「BIGLOBE」が優勢となります。

格安SIMの料金は「月に何GB使うか?」によって変わり、容量が大きいほど料金も高くなっていきますが、DMMモバイルはどのプランでも業界最安値となっています。そのため「とにかく安く格安スマホを使いたい」というような方は、DMMモバイルがおすすめです。ただ、「あまりスマホに詳しくない」という方はイオンモバイルの方がおすすめ。イオンモバイルは全国のイオンに店舗が用意されています(普通の格安スマホは店舗を用意していない)ので、トラブルが起きた時にすぐに相談できるメリットがあります。解約金も一切かからないので、もし「う~んキャリアのスマホの方がいいな」と思った時にすぐに乗り換えられるのも嬉しいポイント。

電話料金に関しては8円~/30秒のIIJmioが一番お得なので、比較的電話が多い人はIIJmioがおすすめです。ただ、8円/30秒で電話できるのはIIJmioを家族同士で使う場合だけであり、通常は10円/30秒の通話料金になります。この料金だと、楽天モバイルも「楽天でんわ」という専用アプリ(無料)を使うことで10円/30秒で通話できるので、楽天モバイルも選択肢に入ります。楽天モバイルはとにかく楽天ポイントがたくさん貯まるので、楽天市場を利用する方やポイントを貯めてお得にしたい場合は楽天モバイルの方がおすすめです。

ネットに関しては、もともと通信系サービスを展開していたBIGLOBEに軍配が上がりますので、ネットやyoutubeをたくさん見る方はBIGLOBEがおすすめとなります。ただ、TwitterやInstagram、Facebook、LINEなどのアプリをメインで使う場合は「LINEモバイル」の方がおすすめ。これらのサービスを消費通信量0で利用できるのがLINEモバイルの特徴。youtubeなどの動画サイトで通信制限にかかる方も多いですが、LINEモバイルなら通信制限時でもTwitter、Instagram、Facebook、LINEに関しては関係なく高速通信で楽しめます。

ドコモ格安SIMおすすめランキング

1位

DMMモバイル

DMMモバイル

★★★★★

業界最安値水準&幅広い選べるサービス!
ネットだけ使えるプランを選べば月額440円~で使える、業界最安値水準の「DMMモバイル」。データ通信量も1G/月~20G/月まで幅広く選べるので、自分に最適な料金でスマホが使えます。また、多くの業者が電話を使えないように制限したプランしか用意していませんが、DMMモバイルなら電話もできるプラン有り!スマホとセットで購入できるので、SIMに詳しくない人でも気軽に格安スマホを手に入れられます。自分に合った最安値の格安スマホが使いたい人はコレ!

月額料金 回線 音声通話プラン スマホセット
440円~ docomo あり あり

2位

イオンモバイル

イオンモバイルの詳細

★★★★★

スマホが苦手な人でも簡単に格安スマホが使える
ユーザーにとにかく親切なのがイオンモバイルの特徴。全国に店舗が用意されているのでトラブルが起きてもすぐに相談することができますし、最初に購入したときも全て設定された状態で送られてくるので、SIMカードを端末に挿入するだけでスマホを使い始めることができます。面倒な初期設定はスマホが苦手な人にとっては抵抗があるかと思いますので、「スマホに詳しくないけど月額2,000円ぐらいで安く使いたい」という場合はイオンモバイルが一番おすすめです。

月額料金 回線 音声通話プラン スマホセット
480円~ docomo あり あり

3位

LINEモバイル

LINEモバイル公式サイトへ

★★★★★

学生の格安スマホにおすすめ
LINEモバイルの特徴はLINEやTwitter、Facebook、Instagramが通信量の消費0で利用できること。学生ならこれらのサービスを毎日利用することも珍しくないかと思いますが、普通の格安スマホだと通信制限にかかって低速モードでしか利用できないことも多いです。しかし、LINEモバイルは制限がないので、たとえ低速モードになってもこの4つのサービスだけは常に高速モードで使えます。もちろん料金自体も安いですし、フィルタリングアプリを無償で利用できる、docomo回線による安定した通信など全体的にメリットが多い格安スマホなので、使い勝手もバッチリです。

月額料金 回線 音声通話プラン スマホセット
500円~ docomo あり あり

4位

BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIM/スマホ

★★★★☆

オールラウンドに使える格安スマホならココ
国内トップシェアを誇る業者で、通話料半額・高速通信の安定性・安心セキュリティサービスなどオールラウンドに使うことができます。料金ではDMMモバイルに負けてしまいますが、他社にはない6GB、12GBのプランも魅力的。「wi-fiスポットを無料で使える」「翌月へのデータ繰り越し可能」など、ネットの速さだけではなく通信量をムダにしないサービスもたくさん用意されているので、ネットを重視する人に一番おすすめの格安SIMとなります。

月額料金 回線 音声通話プラン スマホセット
900円~ docomo あり あり

5位

IIJmio

IIJmioの詳細

★★★★☆

高品質な通信速度で業界シェア2位の人気!
テレビや新聞でもよく見かけるIIJmioは格安SIM業界でシェア2位を誇るほどの人気SIMです。通信速度は比較的速めで、通信の品質を高く維持しているのでユーザー満足度も高くなっています。データプランの数は3、5、10GBの3つしかありませんが、料金はどれも安めです。特に初心者には3GBと5GBのプランが人気!

月額料金 回線 音声通話プラン スマホセット
1,040円~ docomo あり あり

6位

楽天モバイル

楽天モバイルの詳細楽天モバイルの詳細

★★★☆☆

安い月額料金&電話料半額&楽天ポイントが貯まる!
docomo回線による安定した通信電話料が他社の半額(10円/30秒)で使えるのが魅力!さらに、利用料分の2倍楽天ポイントが貯まるので、楽天市場を使う方にとってはかなりお得です。端末は人気機種が用意されているので、セットでの購入もおすすめ。通話・ネット・お得度の総合力で選ぶならコレ!

月額料金 回線 音声通話プラン スマホセット
525円~ docomo あり あり

ドコモ端末で格安SIMを使う時の疑問

通話はできるの?電話帳は消える?

格安SIMのプランを『通話ありのプラン』にすれば格安SIMでも通話をすることが可能です。電話番号は今のスマホで使っているものがそのまま使えますし、音質がドコモのときより劣化してしまうこともありません。格安SIMとはいえ、使っている回線はdocomo回線ですからね。

電話帳は自分で行わなければなりません。キャリアで乗り換える場合は店舗で店員が行ってくれますが、格安SIMを使う場合は『Gmail』『microSDカード』を使って移行します。

Gmailは今使っているスマホでアカウントを作成し、格安SIMに乗り換えたスマホでそのGmailアカウントへ入れば同期され、電話帳を移行することができます。microSDカードを使う場合は、microSDカードに電話帳を保存し、そのmicroSDカードを格安SIMに乗り換えた端末に挿せばデータを移行することができます。

このほかにもいくつか電話帳を移行する方法はあありますが、上記の2つが初心者でもできるぐらい簡単なのでおすすめです。

速度は遅くなる?

「格安SIMに乗り換えると通信速度が遅くなる」という話があります。たしかに理論値だけで見ればキャリアの方が速度は速いですが、人間には違いが分からないぐらいの差ですので、使っていて「通信速度が遅いな~」と感じることは意外とありません。

平日昼間のオフィス街のように多くの人が同時に回線を使用する場所だと遅くなることはありますが、普通に使っていて遅く感じることはほとんどありません。youtubeの動画も高画質で再生できますし、Webサイトもすぐに開いてくれます。

メールアドレスは変更される

格安SIMを使う場合、これまで使っていたdocomoのメールアドレスを使用することができません。また、格安SIM側でメールアドレスを用意していないこともありますので、GmailやYahoo!メールなど無料のメールアドレスを使う必要があります。これまでドコモのメールアドレスを使っていた人にとっては、この点はデメリットかもしれませんね。

スマホはGmailとの相性がいいので、Gmailに乗り換えを検討しましょう。

1月MVNOキャンペーン情報

mineo続・大盤振る舞いキャンペーン!続・大盤振る舞いキャンペーン!mineo公式サイトへ

【キャンぺーン期間】
2017年12月1日(金)~2018年1月18日まで
【キャンペーン内容】
デュアルタイプを新規お申し込みで6ヶ月間ずーっと!月額基本料金900円割引!

最大15,600円キャッシュバックキャンペーンBIGLOBEモバイル 最大15,600円キャッシュバックキャンペーン!

【キャンぺーン期間】
2017年12月4日~2017年2月4日まで
【キャンペーン内容】
3GB以上のプランで最大15,600円のキャッシュバック!

楽天モバイル期間限定キャンペーン楽天モバイル 期間限定スーパーセール

【キャンペーン内容】
月額基本料が1ヶ月間無料キャンペーン