一番料金が安いSIM

一番料金が安いSIMランキング

格安スマホの醍醐味は何といっても料金の安さ。今まで7,000円~10,000円以上かかっていた月額料金が、1,000円~3,000円程度にまで抑えられ、ムダな出費を減らすことができます。端末を新しく購入したとしても、分割で払えば5,000円/月程度で圧倒的にお得。

しかし、最近ではMVNO(格安スマホ業者)の数も増え、料金プランも様々。いざ選ぼうと思っても「プランが多すぎて分からない」「1GBで一番安いのは?」「3GBから選びたい」「とりあえず通話ができればいい」「LINEとネットとGPSが使えればいい」という方も多いかと思います。

そこで、当ページでは「使い方」や「プラン別」に一番安いSIMをご紹介したいと思います。

まず、有名なMVNOの料金プランを比較してみましょう。

【月額料金をデータSIMで比較】

格安SIM 1GB 3GB 5GB 10GB
DMMモバイル 480円 850円 1210円 2190円
イオンモバイル 480円 980円(4GB) 1480円(6GB) 1980円(8GB)
楽天モバイル 900円 1450円 2260円
BIGLOBE 900円
IIJmio 900円 1520円 2560円
U-mobile 790円 900円 1480円
mineo 800円 900円 1580円 2520円
NifMo 640円 900円 1600円 2800円

【月額料金を音声SIMで比較】

格安SIM 1GB 3GB 5GB 10GB
DMMモバイル 1260円 1500円 1910円 2890円
イオンモバイル 1280円 1580円(4GB) 1980円(6GB) 2680円(8GB)
楽天モバイル 1600円 2150円 2960円
BIGLOBE 1400円 1600円
IIJmio 1600円 2220円 3260円
U-mobile 1580円 1980円
mineo 1500円 1600円 2280円 3220円
NifMo 1340円 1600円 2400円 3500円

表を見ても分かるように、2017年現在、どのプランを選んでも最安値はDMMモバイルとなっています。2位はイオンモバイル

両社は『業界最安値水準』を公表してるため、今から安いSIMを買うのであれば、DMMモバイルかイオンモバイルのどちらかを購入するのがおすすめです。

もちろん『通信速度』や『サービス内容』も含めて総合的に判断する必要がありますし、DMMモバイルに関しては「聞いたことがない企業だから不安」「何か安いだけのデメリットがあるんじゃないの?」という不安もあると思います。

そこで、以下ではそのあたりをもう少し詳しく解説しながら、総合的におすすめの5社をランキングでご紹介していきたいと思います。

mineo公式サイトへ

1位.DMMモバイル – 最安値でスマホを使いたい人におすすめ

DMMモバイル

表からも分かる通り、全てのプランで業界最安値水準なのがDMMモバイルの特徴。データ通信のみの1GBプランが480円、音声通話ありでも1GBプランが1,260円と圧倒的な安さで使用することができます。

もちろん、安いからと言って「○○の機能が使えない」「結局普通通りに使おうとしたら料金が高くなる」ということもありません。スマホとしての基本機能は全て搭載されており、電話・ネット・LINEやゲームなどのアプリ・国際電話・テザリング・メールなどは問題なく使うことができます。

また、ドコモ回線を使っているので全国どこでも高品質な通信ができますし、余ったパケットの翌月繰り越しや、通信制限時に少しだけ高速通信できるバースト機能など、魅力的な機能も満載です。

「ネットを毎日3時間以上使う」「電話を1日2時間はする」というようなヘビーユーザーではなく「普通の使い方で、とにかく一番安いスマホを使いたい!」というのであれば、DMMモバイルを選んでおけば間違いありません。

プランにもよりますが、今のスマホ端末をそのまま使うのであれば月額1,500円~2,500円、新しく端末も購入するなら月額3,000円~4,000円程度で利用できます。公式サイトに月額料金を簡単にシミュレーションできるサービスもありますので、一度チェックしてみるのもいいかもしれませんね。

2位.イオンモバイル – スマホに詳しくない人におすすめ

イオンモバイルの詳細

「格安スマホに変えたいけど、スマホに詳しくない」という人におすすめなのがイオンモバイル。料金がDMMモバイルと同じぐらい安いだけではなく、全国のイオンでサポートを受けられることがポイントです。使っている最中にトラブルが起きても、最寄りのイオンに持っていけば、すぐに対応してもらうことができます。

また、縛り期間一切なし・解約金は0円ですので、万が一「使ってみたけど微妙だな」「やっぱりキャリアのスマホに戻したいな」と思った時に、すぐ乗り換えることができます。契約した翌月に解約することもできますよ。

3位.U-mobile – ネット使い放題で安くスマホを使いたい人におすすめ

U-mobileプレミアムの詳細

ネット使い放題プランを用意している唯一のMVNO。『U-mobile PREMIUM』と呼ばれるプランで、下り最大150Mbpsの高速通信を月の容量制限なしで楽しむことができます。料金もデータ専用:月額2,480円、通話あり:月額2,980円と、キャリアと比較しても圧倒的に安いですね。年間4万円以上は確実に安くなりますね。

「youtubeなどの動画視聴が多い人」「パソコンのデザリングに利用する人」「LINEの無料通話が多い人」などは、DMMモバイルよりもU-mobileの方がおすすめです。

4位.mineo – au端末をそのまま使いたい人におすすめ

mineo

格安スマホへ乗り換える時に「au端末をそのまま使いたい」という方もいるかと思います。そんなときにおすすめなのが『mineo』。そもそも、au端末に対応しているMVNOは数社しかなく実質mineoぐらいしか選択肢がないのが現状です。

他のMVNOと料金を比較すると平均的で、お世辞にも安いとは言えませんが、ユーザーにメリットのあるサービスが充実していたり、サポート体制が万全なので、価格.comの格安SIM部門で満足度ランキング第1位に輝くほどの人気です。

毎月最大1GBが無料でシェアできる『フリータンク』、余った容量は翌月に繰り越せるor友達・家族にプレゼントできる、30分or1時間電話かけ放題プラン、いつでもmineoユーザーに相談できる専用コミュニティ「マイネ王」など、料金以上のメリットを得ることができます。各サービスについては、管理人の解説を参考にしてみてください。

5位.NifMO – 電話かけ放題プランが欲しい人におすすめ

NifMoでんわ

これまで「格安スマホには電話かけ放題がないのがデメリットだ!」と言われていましたが、ついにNifMoから電話かけ放題プランが登場しました。オプションとして「NifMoでんわ」というサービスを付けることができ、国内通話を月額定額で「通話時間」「通話料」を気にすることなく利用することができます。文字通り”かけ放題”。

オプション月額料金も1,300円とリーズナブルなので、基本料金と合わせても月額3,000円~5,000円と、キャリアよりも5,000円近くお得に使うことができます。

ドコモ回線を使った高品質な通信、余ったパケットは翌月に繰り越せる、公衆Wi-Fiを無料で利用できるなど、電話以外のサービスも充実しているので使い勝手も悪くありません。

端末も一緒に購入する場合は楽天モバイルがお得

楽天モバイルの詳細 オススメ度 ★★★★★
月額料金 525円~
回線 docomo
通話プラン あり
端末セット あり
  • 専用アプリで通話料半額!アプリ代も無料
  • 楽天市場でのお買い物がポイント2倍!月々の支払いも100円⁼1ポイントで貯まる
  • 頻繁に行われる端末割引キャンペーンが魅力!初めてのスマホにもおすすめ

格安スマホを購入するときに「新しい端末も一緒に購入したい」「今までガラケーだったからスマホも買いたい」という人も多いはず。そんときにおすすめなのが楽天モバイルです。

楽天モバイルでは定期的に端末料金が安くなるキャンペーンを実施しており、人気の機種が1万円以上割引で購入できるのも珍しくありません。端末代金が安ければ、月々の分割料金も安くなり、トータルで見ると他の格安スマホよりも圧倒的に携帯料金が安くなることもあります。

用意されている端末も他の格安スマホよりも充実していますので、「安く新しいスマホを手に入れたい」という場合は楽天モバイルがおすすめですよ。


1月MVNOキャンペーン情報

mineo続・大盤振る舞いキャンペーン!続・大盤振る舞いキャンペーン!mineo公式サイトへ

【キャンぺーン期間】
2017年12月1日(金)~2018年1月18日まで
【キャンペーン内容】
デュアルタイプを新規お申し込みで6ヶ月間ずーっと!月額基本料金900円割引!

最大15,600円キャッシュバックキャンペーンBIGLOBEモバイル 最大15,600円キャッシュバックキャンペーン!

【キャンぺーン期間】
2017年12月4日~2017年2月4日まで
【キャンペーン内容】
3GB以上のプランで最大15,600円のキャッシュバック!

楽天モバイル期間限定キャンペーン楽天モバイル 期間限定スーパーセール

【キャンペーン内容】
月額基本料が1ヶ月間無料キャンペーン