スマホ料金を安くおさえたい時にピッタリの格安スマホ

毎月1万円ぐらいスマホ代を払っているけど、結構負担だし、できることならもっと安くおさえたい・・・
そんな時におすすめの格安スマホをご紹介します。

まず、格安スマホの選び方ですが、自分がこれだけは必要と思う機能が使えるか?、ということ見ながら選ぶのがポイントです。

  • 通話
  • LINEやゲームなどのアプリ
  • 動画サイトや普通のwebサイト
  • カメラ
  • Eメール

上記の項目から考えればOKです。



通話を月に2時間以上するならY!mobileがおすすめ

格安スマホでは基本的に20円/30秒で料金が加算されていきます。
つまり1時間で2,400円ですね。

格安スマホは1ヶ月の料金を6,000円以下にできれば、普通のスマホよりもお得だと言えますから、元の月のスマホ代にどれだけ電話代が加わるか考えましょう。
月に2時間以上電話すると、ほとんどの格安スマホでは6,000円を越してしまうので、2時間以上通話するならY!mobileがおすすめです。

Y!mobileでは格安スマホでは珍しく電話かけ放題プランがあるので、電話をどれだけかけても料金が増えることはありません。

関連記事:音声通話ができる格安スマホ

アプリやwebサイトなどでデータ通信が多いならU-mobileがおすすめ

アプリやwebサイト、ゲーム、動画サイトの視聴には全てデータ通信が必要です。
これらをフルで楽しむとデータ通信量の上限にひっかかり「ネットが遅い・・・」「動画すぐ止まって全然見れない・・・」となるので、データ通信量の上限が多い、または無制限の格安スマホを選んでおきましょう

データ通信量の上限が10GB/月で一番料金が安いのはDMMモバイルで、高速通信LTE使い放題プランがあるのはU-mobileだけです。
10GB以下ならDMMモバイル、それ以上ならU-mobileを選んでおけば失敗はありません。

関連記事:ネット閲覧が毎日1時間以上の人におすすめの格安スマホ

カメラ機能は難しい

カメラ機能を重視して格安スマホを選ぶのは難しいです。
というのも、カメラの機能は端末の性能に依存するからです。

格安スマホは基本的に少し前の端末を使うことで料金を安くしていますから、カメラの性能というのも今のスマホよりかは劣ってしまいます。

なので、解決策としては

  • 今使っているスマホが使い始めて1年以内なら、SIMカードだけを入れ替える
  • 最新機種を端末だけ購入して、それにSIMカードを入れる
  • 新しくスマホとセットで購入するなら、最新機種のZenfone2を選ぶ

の3つが考えられます。

使い始めて1年以内のスマホなら端末的には新しいので、そのままSIMカードだけを契約して入れ替えれば、カメラ性能を落とさずに格安で使えます。

端末も買い替えるなら、最新の端末をauやドコモなどで買ってきて、SIMカードを入れて使うのもいいかもしれせん。
しかし、端末は基本的に契約2年の分割払いで支払っていくことが前提なので、価格が8~10万円します。

そこで、SIMを販売する業者がスマホとセットで販売しているものを使う、というわけです。
これなら端末代をあわせても、毎月2,000~4,000円しかかかりません。

2015年6月現在ではZenfone2が最新機種なので、カメラ機能を重視するならおすすめです。
Zenfone2はDMMモバイルIIJmioU-mobileなどで販売されています。

Eメールはフリーメールしか使えない

格安スマホでは「@ezweb.ne.jp」「@docomo.ne.jp」のようにキャリアメールは使えず、yahooメールやGmailといったフリーメールしか使えません。
なので、キャリアメールを使いたい人は格安スマホはおすすめできません。

関連記事:格安スマホの選び方

1月MVNOキャンペーン情報

mineo続・大盤振る舞いキャンペーン!続・大盤振る舞いキャンペーン!mineo公式サイトへ

【キャンぺーン期間】
2017年12月1日(金)~2018年1月18日まで
【キャンペーン内容】
デュアルタイプを新規お申し込みで6ヶ月間ずーっと!月額基本料金900円割引!

最大15,600円キャッシュバックキャンペーンBIGLOBEモバイル 最大15,600円キャッシュバックキャンペーン!

【キャンぺーン期間】
2017年12月4日~2017年2月4日まで
【キャンペーン内容】
3GB以上のプランで最大15,600円のキャッシュバック!

楽天モバイル期間限定キャンペーン楽天モバイル 期間限定スーパーセール

【キャンペーン内容】
月額基本料が1ヶ月間無料キャンペーン