格安スマホの選び方【初心者でも簡単】

*
初心者おすすめ格安スマホ > 基礎知識 > 格安スマホの選び方

格安スマホの選び方【初心者でも簡単】

格安スマホの選び方『格安スマホ』と言っても、それぞれ提供している会社(「MVNO」と言う)によってサービス内容は違いますし、月額の料金も違います。また、対応している端末も違うので、現在使っているスマホを格安スマホにする場合は端末が対応しているかチェックしておく必要もあります。

当ページでは、初心者でも分かりやすいように格安スマホの選び方をまとめています。

【格安スマホ選びのポイント】

  1. ガラケーからの乗り換えかスマホからの乗り換えか
  2. 1ヶ月のデータ通信量を確認しておく
  3. 電話の有無
  4. SIMカードが対応しているか




1.ガラケーからの乗り換えかスマホからの乗り換えか

まず、「今使っているガラケーから新しくスマホを購入するのか?」「今使っているスマホをそのまま格安スマホとして使うのか?」によってMVNOの選び方は変わってきます。

前者の場合は端末も新しく購入することになるので、全てのMVNOが選択肢として選ぶことができます。各MVNOでは端末セットも販売されていますので、「わざわざ自分で端末を別で購入してMVNOと契約する」といったことをする必要がありません。

格安スマホに慣れている人だと「性能のいい端末を別で購入して、MVNOも最適なものを選んで~」ということができるかもしれませんが、初心者の場合だと対応していない端末を購入してしまう失敗をしてしまうかもしれませんので、MVNOで用意されている端末の中から選んだ方が確実です。

後者の場合は『au』と『docomo』どちらのキャリアを使っているか?によって変わってきます。MVNOはキャリアの回線を借りて経営していますので、au端末を使っている人はau回線を使っているMVNOしか使えませんし、docomo端末を使っている人はdocomo回線を使っているMVNOしか使えません。

audocomo
MVNOmineo
UQ-mobile
IIJmio
楽天モバイル
イオンモバイル
LINEモバイル
DMMモバイル
BIGLOBE
U-mobile
NifMo
mineo
IIJmio

『mineo』と『IIJmio(みおふぉん)』に関してはauとdocomoどちらにも対応しています。上記のとおり、ほとんどのMVNOがdocomoにしか対応していませんので、docomoのスマホを使っている人の方が選択肢は広めです。

Softbankのスマホを使っている場合は対応しているMVNOがないので、新しく端末を購入する必要があります。MVNOが用意する端末セットを購入するか、自分でSIMフリーの端末を別で購入してMVNOと契約をしましょう。

SIMロック解除とは?

格安スマホを選ぶときに「SIMロック解除」という言葉が出てきます。キャリアのスマホは、そのキャリアのSIMカード(スマホの情報が入っているカード)しか使えないようにSIMロックがされており、別のキャリアやMVNOのSIMカードを挿しても作動しないようになっています。

しかし、これではMVNOに乗り換えて格安スマホにすることができないため、政府は大手キャリアにSIMロック解除ができるように命令し、現在では各キャリアが提示する条件を満たしていればSIMロック解除を店舗でしてもらえるようになっています。

ただ、上記のように自分の使用している端末と同じキャリアの回線を使っているMVNOならSIMロック解除せずに使用することができるため、初心者の場合は同じキャリアの回線を使っているMVNOを選んだ方がトラブルなく使用することができます。

SIMロック解除の条件を満たすのは意外と面倒だったり、そもそもSIMロック解除自体が有料なので、そこまでしてSIMロック解除する必要があるのか?と聞かれればそうでもありません。

Softbankの場合はSIMロック解除をしてSIMフリー端末にしなければどのMVNOを選ぶことができませんが、やはりスマホに詳しくない人の場合はMVNOが販売する端末セットを購入しておくのがおすすめです。

2.1ヶ月のデータ通信量を確認しておく

格安スマホでは1ヶ月のデータ通信量ごとによって料金が変わってきます。例えば、DMMモバイルなら

データ通信プラン通話対応プラン
1GB480円1,260円
2GB770円1,380円
3GB850円1,500円
5GB1,210円1,910円
7GB1,860円2,560円
8GB1,980円2,680円
10GB2,190円2,890円
15GB3,280円3,980円
20GB3,980円4,680円

となります。自分の1ヶ月のデータ通信量を確認しておけば毎月の料金をムダに支払う必要がないので、契約前に事前に確認しておきましょう。現在キャリアのスマホを使っているのなら、各キャリア公式サイトでデータ通信量を確認する方法を知ることができます。

格安スマホでは通信量の上限を超えてしまうと通信速度に制限がかかり低速になってしまいます。制限の解除は翌月1日にならなければ解除されませんので、たくさんネットを使ったり、動画を見る人はなるべく多めのプランを選んでおきましょう。

3.電話の有無

格安スマホでは、電話の機能をなくすことによって毎月の料金を格安にすることが可能です。MVNOによっても違いますが、電話ができるプランは電話ができないプランよりも600~700円ほど高くなります。

一応、電話ができないプランでも『LINEの無料通話』や『050を使った通話』は可能ですが、通信の安定性は090や080を使った通話よりも劣りますので、メインで格安スマホを使う場合は緊急時のことも考えて『電話ができるプラン』がおすすめです。

また、格安スマホではかけ放題プランを用意している業者はほとんどありませんので、電話をかけるほど料金が高くなっていきます。通話料金は20円/30秒で料金が増えていきます。着信の場合は料金が発生しませんので、自分から電話をあまりかけない人ほど格安スマホがおすすめだといえます。

電話かけ放題が人気の「NifMo」口コミ・評判【料金や使いやすさは?】
外出時にスマホを使う機会が多い人におすすめ公共無線LANサービスを追加料金なしで利用可能下り最大150Mbpsの高速LTE通信を全国で利用できる電話かけ放題アプリ「NifMo...

ちなみに、MVNOでは現在使っているスマホの電話番号を格安スマホでもそのまま使うことができます。

4.SIMカードが対応しているか

スマホとセットで購入する場合は問題ありませんが、現在持っているスマホに格安SIMカードを挿入して使う場合は、SIMカードと端末が対応しているか確認しておく必要があります。対応しているかは業者の公式サイトの「動作確認済み端末」の項目をチェックすれば確認できます。

2015年5月以降に販売されるスマホは「SIMフリー」が義務化されているので、基本的にどのSIMカードでも問題なく使うことができます。しかし、それ以前のスマホの場合は対応しない場合もするので、必ず事前にチェックしておきましょう。

また、SIMカードにはサイズがあり『miniSIM』『microSIM』『nanoSIM』の3種類から選ぶことになるので、自分の端末に合ったサイズのSIMを選びましょう。

格安スマホの特徴まとめ

最後に各MVNOの特徴を簡単にご紹介したいと思います。

MVNO月額料金特徴
楽天モバイル525円~割引キャンペーンで端末が最安980円で購入できる
LINEモバイル500円~LINEやSNSが通信量無制限で使える
mineo700円~対応端末No.1!au・docomoどちらも使える
イオンモバイル480円~料金が安い&店舗でのサポートもある
NifMo640円~電話かけ放題のプランがある
BIGLOBE900円~通信速度が速くて安定している
DMMモバイル440円~どのプランを選んでも業界最安値水準で使える
U-mobile680円~ネット使い放題プランがある
UQ-mobile980円~au端末で使える&通信も安定して使える

10月MVNOキャンペーン情報

大判振る舞いキャンペーンmineo公式ページへ大判振る舞いキャンペーン!
【キャンぺーン期間】
2017年9月1日(金)~2017年11月9日(木)
【キャンペーン内容】
1年間毎月900円割引!

 

LINEモバイルデビュー応援!2ヶ月連続3GB増量キャンペーン LINEモバイルデビュー応援!2ヶ月連続3GB増量キャンペーンLINEモバイル公式サイトへ
【キャンぺーン期間】
2017年11月30日(木)まで【キャンペーン内容】
対象期間中にLINEモバイルを利用開始し「コミュニケーションフリープラン」「MUSIC+プラン」をご利用の方に2ヶ月間、3GBを付与!

防水スマホ 富士通 arrows M03 5000円割引! 防水スマホ 富士通 arrows M03 5000円割引!LINEモバイル公式サイトへ
【キャンぺーン期間】
2017年5月17日から

【キャンペーン内容】
富士通のarrows M03の端末代金が5000円割引で買える!

楽天モバイル期間限定キャンペーン楽天モバイル 期間限定スーパーセール
【キャンペーン内容】
月額基本料が1ヶ月間無料キャンペーン

はじめようスマホキャンペーン秋の親子割キャンペーン
【キャンぺーン期間】
2017年10月2日(火)~2017年11月30日(木)【キャンペーン内容】
同一名義で同時に2台以上新規ご契約の方は基本プラン月額6ヶ月無料

格安スマホの選び方関連ページ

ガラケーから格安スマホへの乗り換え手順
「今までガラケーを使っていたけどスマホに乗り換えたい」というときに気になるのが『乗り換える手順』。電話番号がそのまま使えるのか?今契約しているキャリアはどうやって契約を終わらせるのか?格安SIMはどこで購入するのか?など […]
格安スマホでアプリは使える?購入前に知っておきたい注意点を解説
格安スマホに乗り換えると毎月の携帯料金を安く抑えられるメリットがありますが、いくつかデメリットもあります。その中で一つがアプリです。ほとんどのアプリはキャリアのスマホと同じように問題なく使用することができますが、いくつか […]
端末そのままで格安SIMに乗り換える手順&注意点
格安スマホは現在使っている端末をそのまま格安SIMに乗り換えることでも使うことができます。しかし、Softbankの端末ではそのまま格安SIMを入れ替えることができなかったり、LINEやアプリの設定、写真、音楽のデータは […]
格安スマホの電話は050plusなの?分かりやすく解説
050plusはIP電話というインターネット回線を利用した電話サービスのこと。090や080、070といった電話番号を使った通話とは使っている回線が違ったり、通話料金が違うのが特徴です。 「格安スマホに変えると050の電 […]
格安スマホでID検索できるのは『LINEモバイルだけ』
最近では連絡手段が『LINE(ライン)』メインだという方も多いかと思います。しかし、格安スマホではID検索を使うことができず「気軽に新しいスマホで友達追加ができない」「わざわざ会ったときにふるふるをしなければいけない」と […]
格安スマホ端末はキャリアよりも性能が劣る?【分かりやすく解説】
これから格安スマホに変えようと思っているときに気になるのが端末の性能ですよね。 ドコモなどのキャリアよりも端末代が安いので「やっぱり値段が安いから性能も低いのかな?」と気になる方も多いかと思います。 当ページでは、格安ス […]
格安スマホの購入方法・手順
「格安スマホってどこで買えるの?」と疑問に思われる方も多いかと思います。 そこで今回は、格安スマホの購入手順を簡単にまとめていこうかと思います。 細かい部分は各MVNOによって微妙に変わってくるかもしれませんが、全体の流 […]
格安スマホにSMS機能は必須
格安スマホのプランを見てみると「SMS機能あり」「SMS機能なし」というのを見かけますよね。 SMSは「ショートメールサービス(ShortMailService)」の頭文字を取ったもの。 ショートメールは電話番号を使って […]
格安スマホのメールについて
最近では格安スマホに乗り換える方も多く、毎月の携帯料金を減らしたいから特にデメリットがなければ乗り換えたい!という方も多いですよね。基本的にはキャリアのスマホと同じように使えるわけですが「メール」に関しては、格安スマホと […]
格安スマホ購入ローン
格安スマホの端末(白ロム)を購入して、格安SIMを入れて使う方もいるかと思います。 しかし、白ロムは最新機種になるほど値段も高く、例えばiPhone6s:95,800円、GALAXY S6:46,800円など、一括で買う […]