格安スマホにSMS機能は必須

格安スマホにSMS機能は必須

格安スマホのプランを見てみると「SMS機能あり」「SMS機能なし」というのを見かけますよね。
SMSは「ショートメールサービス(ShortMailService)」の頭文字を取ったもの。
ショートメールは電話番号を使って70文字程度のメッセージが送れる機能です。

メッセージならメールでも送れるし、最近ではLINEもあるので「じゃあいらなくない?」と思われかもしれませんが、格安スマホにSMS機能は必須だと管理人は考えています。

LINEの通話機能が使えない

ライン
格安スマホを使う人の中にはLINEで通話をしたいと考えている方も多いかと思います。
私も最初は「電話機能があるからLINEの電話はいらない派」でしたが、実際に使ってみると回線も安定しているし、メッセージの途中でボタン一つで通話できる便利さもあって、今では重宝しています。

しかし、この便利な通話機能もSMS機能がなければ使うことができません。

SMS機能はLINEの本人確認のための「SMS認証」で必要になります。
携帯の電話番号で個人を確認するためですが、このSMS認証ができなければLINEの通話機能を使うことができません。

さらに言えば、アドレス帳から友達を自動で登録したり、友達が自分を追加するための許可することもできない、LINEストアでスタンプを買ったりといったこともできなくなります。

アメーバやGREE、モバゲーなどでもSMS認証が必要

また、SMS認証はLINEだけではなくアメーバやGREE、モバゲーなどでも必要になってきます。
いずれも本人の確認が必要なためですが、せっかく使うと思っていたのにSMS認証ができないせいで使えないのはストレスになってしまうので、SMS機能はつけておいた方がいいでしょう。

SMS機能をつけても毎月100円程度しか変わりませんし、後からSMS機能を追加することはできず、新規でSMS機能付きのSIMカードを購入するハメになってしまうので、最初からSMS機能付きにしておくのがおすすめです。

バッテリーの減りが早くなる問題もある

SMS機能を付けないことによって電池持ちが悪くなる問題を「アナピクト問題(セルフスタンバイ問題)」と言います。

アナピクトとは電波を示すアイコンのことですが、SMS機能がないと「音声回線がない」、つまり「圏外だ」と判断されてしまい、スマホは常に圏外にならないように接続先を探そうとします。
すると、スマホを使っていない状態でも常にスマホは動いており、それに合わせて電池も消費されてしまうわけです。

寝ている間にも電池が消費されて、朝起きたら「20%しかない!寝る前は50%以上あったのに・・・」ということになるわけです。
この状態がずっと続くわけですから、電池持ちはかなり悪くなってしまいます。

さらに、やっかいなのがアナピクト問題はどの端末に起きるか分からないといことです。
全く同じメーカーの端末を使っても、Aでは起きたのにBでは起きないということもあります。
ネットの情報を見てもそういったことが普通に起きており、完全に運任せになってしまうわけです。

もちろんアナピクト問題が起きたからと言って返金保証もないので、買い替えが必要になってお金も無駄にかかってしまいます。

なので、最初からSMS機能を付けておいた方が何かと都合がいいわけです。

1月MVNOキャンペーン情報

mineo続・大盤振る舞いキャンペーン!続・大盤振る舞いキャンペーン!mineo公式サイトへ

【キャンぺーン期間】
2017年12月1日(金)~2018年1月18日まで
【キャンペーン内容】
デュアルタイプを新規お申し込みで6ヶ月間ずーっと!月額基本料金900円割引!

最大15,600円キャッシュバックキャンペーンBIGLOBEモバイル 最大15,600円キャッシュバックキャンペーン!

【キャンぺーン期間】
2017年12月4日~2017年2月4日まで
【キャンペーン内容】
3GB以上のプランで最大15,600円のキャッシュバック!

楽天モバイル期間限定キャンペーン楽天モバイル 期間限定スーパーセール

【キャンペーン内容】
月額基本料が1ヶ月間無料キャンペーン