イオンモバイルと楽天モバイルを比較!選ぶポイントを解説


イオンモバイルと楽天モバイルはそれぞれ特徴がありますので、当ページでは「イオンモバイルと楽天モバイルどっちがいいのかな?」と迷った時に見るべきポイントをご紹介したいと思います。

こんな人はイオンモバイルがおすすめ

  • 安い料金で格安スマホを使いたい
  • 店舗でのサポートが魅力に感じる(スマホが得意ではない人)

安い料金で格安スマホを使いたい

イオンモバイルと楽天モバイルの料金プランを比較すると以下のとおりになります。

■データSIMプランの場合

料金プラン イオンモバイル 楽天モバイル
1GB 480円
2GB 780円
3.1GB 900円
4GB 980円
5GB 1,450円
6GB 1,480円
8GB 1,980円
10GB 2,260円
12GB 2,680円
20GB 3,980円 4,050円
30GB 5,380円 5,450円
40GB 7,480円
50GB 10,300円

■通話SIMプランの場合

料金プラン イオンモバイル 楽天モバイル
1GB 1,280円
2GB 1,380円
3.1GB 1,600円
4GB 1,580円
5GB 2,150円
6GB 1,980円
8GB 2,680円
10GB 2,980円
12GB 3,280円
20GB 4,680円 4,750円
30GB 6,080円 6,150円
40GB 7,980円
50GB 10,800円

基本的には、どのプランを選んでもイオンモバイルの方が安いです。イオンモバイルは格安スマホの中でも業界最安値水準を維持しており、イオンモバイルよりも安い格安スマホはDMMモバイルぐらいしかありません。

なので、「なるべく安く使いたい」という場合はイオンモバイルの方がおすすめです。特にガラケーとの2台持ちで、スマホはネットやアプリ専用にするのであれば、イオンモバイルが楽天モバイルよりも高くなることはありませんので、他の条件などを含めて考えてもイオンモバイルを選んで間違いありません。

イオンモバイル公式サイトイオンモバイル公式サイトへ

店舗でのサポートが魅力に感じる(スマホが得意ではない人)

格安スマホは実店舗を用意しないことでコストを下げ、格安でスマホが使えるように提供しています。しかし、スマホをあまり使い慣れていない人は「設定がイマイチ分からない」「使い方がイマイチ分からない」「故障の時に相談できないのは困る」ということもあるかと思います。

格安スマホの中で一番実店舗を用意しているのはイオンモバイルであり、全国数百か所のイオンで相談ができますので、スマホに慣れていない方でも安心して使うことができます。「格安スマホの安さには魅かれるけど、設定とかが良く分からない」という方はイオンモバイルを選んでおけば間違いないでしょう。

ちなみに、ネットで注文した際もスマホの初期設定は全て終わった状態で届きますので、スマホに詳しくなくても届いたその日からすぐにキャリアのスマホと同じように使うことができますよ。

こんな人は楽天モバイルがおすすめ

  • 端末も一緒に安く購入したい
  • 通話が多い
  • 楽天通販での買い物が多い

端末も一緒に安く購入したい

これまでスマホを持ったことがない人は、一緒に端末も購入する必要があります。端末自体もキャリアより安いですが、それでも3万円~5万円ぐらいするため、分割で支払っても月々に1,000円~3,000円上乗せされてしまい、格安スマホとしてのメリットが減ってしまい残念ですよね。

しかし、楽天モバイルではお得な端末キャンペーンが定期的に開かれており、人気の機種も最大80%や90%OFFで購入することができます。ここまで端末を安く購入できる格安スマホは他になく、端末も一緒に購入する人にはかなりおすすめです。

端末の分割料金が数十円~数百円になり、本当に格安で使うことができますよ。

楽天モバイル公式サイト楽天モバイル公式サイトへ

通話が多い

通常の料金プランではイオンモバイルの方が安いですが、楽天モバイルには月額850円で電話5分かけ放題のオプションを付けることができます。格安スマホの通話料金は20円/30秒なので、同じプランを選んだ場合、月49分以上の通話をするのであれば楽天モバイルの方がお得になります。

※追記
イオンモバイルでも月額850円で電話5分かけ放題のオプションが登場しました。そのため楽天モバイルの通話料のメリットはなくなり、イオンモバイルの方がお得に使用することができます。どちらもdocomo回線を使用していますので、通話の品質も変わりません。

楽天通販での買い物が多い

楽天モバイルを使えば毎月の携帯代で楽天ポイントが貯まります。貯まったポイントは楽天通販や楽天モバイルの支払いに使用することができますので、楽天通販の利用頻度が高い人はトータルで見た時にお得になることがあります。

楽天カードで楽天モバイルを支払うメリット2つ!ポイントで3.1Gプラン実質無料も可能

また、楽天モバイル加入者は楽天ポイントの貯まる1倍増えます(たとえば現在2倍で貯まっていれば3倍に、3倍で貯まっていれば4倍になります)ので、より効率よく楽天ポイントを貯めることができます。

まとめ

以上がイオンモバイルと楽天モバイルを比較するときに見るべきポイントです。格安スマホは安く使えることが魅力ですので、どちらを選んだ方が安く使えるのか?をポイントに選んでおけば間違いないでしょう。

イオンモバイル

イオンモバイルの詳細 オススメ度 ★★★★★
月額料金 480円~
回線 docomo
通話プラン あり
端末セット あり
  • 初期設定や面倒な設定は全てイオンモバイルがやってくれる!
  • 契約縛り一切なし!いつでも解約金0円
  • 故障修理や料金プランが全国200店舗で受けられる

楽天モバイル

楽天モバイルの詳細 オススメ度 ★★★★★
月額料金 525円~
回線 docomo
通話プラン あり
端末セット あり
  • 定期的なキャンペーンで端末がお得に買える
  • 専用アプリで通話料半額!
  • 月々の支払いで楽天モバイルが貯まる!

5月MVNOキャンペーン情報

最大15,600円キャッシュバックキャンペーンBIGLOBEモバイル 最大15,600円キャッシュバックキャンペーン!

【キャンぺーン期間】
2018年4月2日〜2018年6月3日
【キャンペーン内容】
<SIMのみ>音声通話SIMの場合
3/6/12/20/30ギガプラン:10,800円キャッシュバック!
さらに3ギガ以上の音声通話SIMの場合Gポイント500G進呈

<端末セット>端末+音声通話SIMの場合
3/6/12/20/30ギガプラン:15,600円キャッシュバック!
さらに3ギガ以上の音声通話SIMの場合Gポイント500G進呈

<端末セット>端末+データSIMの場合
3/6/12/20/30ギガプラン:4,800円キャッシュバック!

楽天モバイル 初夏の大セール楽天モバイル 初夏の大セール

【キャンぺーン期間】
2018年5月10日(木)10:00~2018年6月11日(月)9:59
【キャンペーン内容】
HUAWEI nova lite2やAQUOS sense liteなど人気の機種が最安35円/月で購入可能!

Y!mobileタダ割りY!mobileタダ割り

【キャンぺーン期間】
2017年12月1日(金)~2018年5月31日(木)
【キャンペーン内容】
5~18歳でスマホプランS/M/L申込者が対象で最大3ヶ月基本料0円!

 








この記事をシェアする