ガラケーとスマホの2台もち

「スマホを使っているけど料金が高い、使いにくい。」
「現在ガラケーを使っているけど、料金の安い格安スマホとの2台持ちを検討している」

最近はガラケーとスマホの2台持ちの人も多いですよね。
私もガラケーを通話・メール、スマホをネット・アプリ用として2台持ちしています。


ガラケーと格安スマホの2台持ちのメリット・デメリット

ガラケーと格安スマホを2台持ちするメリットは、月額料金が安く、使い勝手もいいということです。

例えば、スマホは便利なアプリや画面の見やすさ、ネットが使いやすいなどメリットが多いですが、月額料金が1万円以上でも普通というぐらいコストがかかります。
「便利だけど、さすがに毎月1万円はちょっと高いなー」という感じです。

一方、ガラケーは月額料金自体は3000円~5000円程度でお得なのですが、画面が小さかったり、便利なアプリが使えなかったりと使用感ではスマホに劣ります。
最近ではクーポンやお店のメンバーズカード、会員登録なども全てスマホのアプリでの登録を求められることもありますから、そういった意味でも使い勝手が悪いと言えます。

そこで、「ガラケーと格安スマホの2台持ち」の出番というわけです。
単純に考えて、今までのガラケーにスマホの機能を格安でちょい足しできるわけですから、使い勝手も良く、普通のスマホのように月額1万円以上かかる心配もありません

では、実際にどれぐらいの料金がかかるのかを見てみましょう。
例えば、楽天モバイルの料金プランは以下の通り。

楽天モバイルの料金プラン
※通話SIM:「080」「090」から始まる電話番号が使えるプラン
※データSIM:「080」「090」から始まる電話番号が使えないプラン
※SMSあり:アプリの「LINE(ライン)」が使えるプラン
※SMSなし:アプリの「LINE(ライン)」が使えないプラン
SMSとは?格安スマホにSMS機能が必要な理由

ネットを毎日何時間も使ったり、youtubeなどで長時間動画を閲覧しない、いわゆる「一般的なユーザー」の方は3GBか5GBのプランを選ぶのが普通です。
料金表を見ても900円~1570円程度しかかからないので、ガラケーの月額料金に足しても1万円を超えてしまうようなことはないかと思われます。

実際には、初月に初期費用(3000円ほど)と毎月スマホ端末の分割代(端末も一緒に購入した場合。400円~1500円ほど)がかかるので、もう少し料金が上乗せされてしまいますが、それでもスマホ単体で使うよりかは安く済ませることが可能です。

デメリットに関しては、個人的な意見ですが「充電のし忘れ」「外出時に忘れる」という2点です。
私はほとんど電話やメールをすることがなく、スマホのラインを使って電話・連絡を取り合うことが多いので、ガラケーの充電し忘れが多くなりました(笑)
実はメールもGmailのような無料のメールを使えばスマホでメールができるので、正直ガラケーはお店の予約ぐらいにしか使わないようになりましたね。

それぐらい使用頻度も少なくなってしまったので、外出時にガラケーを忘れることも多くなってしまいました。
電話で緊急の仕事が入ったりする方なんかは、特にこの点がデメリットになるんじゃないかな?と思います(忘れなければいいだけの話ですが笑)。

安くて使い勝手もいい楽天モバイル楽天モバイル公式サイト

ガラケーの電話番号を使って格安スマホのラインを使える

よく2台持ちを検討している人に質問されるのが、ガラケーの電話番号を使ってスマホのラインは登録できるのか?ということ。

これは可能です。

利用するまでの登録も簡単で

  1. ラインのアプリにガラケーの電話番号を入力
  2. すると、ガラケーにショートメールが届く
  3. ショートメールに4桁の数字が書いてあるので、それをラインのアプリに入力する

これだけで、スマホでラインを使うことができます。
格安スマホでは「通話機能あり」「通話機能なし」の2つのプランを選ぶことができ、「通話機能なし」のプランの方が安く設定されています。
ラインの通話は「電話機能なし」でも使うことができるので、格安の携帯料金で電話をすることができるというわけです。

SoftBnakのiPhoneは格安スマホにできません

現在iPhoneを使っている人も多いですよね。
日本では半数以上の人がiPhoneを使っているらしいですからね。

格安スマホは全ての端末に対応しているわけではないので、格安SIMカードを使えない端末もあります。
SoftBankのiPhoneもその一つです。
一番新しいiPhone6なら格安SIMカードを使うことができますが、それ以外のiPhoneは格安スマホにすることはできません。

また、実際には各MVNO(格安スマホ業者)によってどのiPhoneに対応しているかが変わってくるので、詳しくは公式サイトでチェックしておきましょう。

もしiPhoneで格安スマホが使えない場合は、新規で「SIMカードと端末のセット」を購入するのがおすすめです。
端末の分割料金はかかってしまいますが、わざわざどれがiPhoneに合うかを選ぶ手間が省けるメリットはあります。

MVNOのお得な選び方

MVNOの選び方はデータ通信量をどれだけ使うかによって選ぶのがいいポイント。

各MVNOではデータ通信量毎にプランが用意されているので、月にどれだけデータ通信量を使うかを確認してみましょう。
スマホの「設定」の項目や料金明細表から調べることが可能ですし、分からなければキャリアに問い合わせて確認することも可能です。

データ通信量に一番近いプランを選べば、かなりお得にです。

ちなみに私はDMMモバイルの3GBのプランを選んでいます。
ほとんど使わないし、基本的にツイッターやフェイスブックのSNSを閲覧したり、ニュースアプリを読んだり、地図で目的地を調べる、夜にゲームを30分~1時間するぐらいなので、このプランでも十分使うことができます。

DMMモバイルは全てのプランで業界最安値なので、「とにかく料金を抑えたい!」という人におすすめです。

DMMモバイルのプランや料金の詳細

2台持ちにおすすめの格安スマホ

2台持ちを考えるなら「電話以外の機能が使える(アプリやネットなど)」「料金が安い」という2点がポイントになるかと思います。
電話以外の機能はどのMVNOでも使うことができるので特に優劣はありませんが、料金の安さは少しですが差があるので、以下では料金が安い順にランキングしています。

1位

DMMモバイル

DMMモバイル

★★★★★

業界最安値水準&幅広い選べるサービス!
ネットだけ使えるプランを選べば月額440円~で使える、業界最安値水準の「DMMモバイル」。データ通信量も1G/月~20G/月まで幅広く選べるので、自分に最適な料金でスマホが使えます。また、多くの業者が電話を使えないように制限したプランしか用意していませんが、DMMモバイルなら電話もできるプラン有り!スマホとセットで購入できるので、SIMに詳しくない人でも気軽に格安スマホを手に入れられます。自分に合った最安値の格安スマホが使いたい人はコレ!

月額料金 回線 音声通話プラン スマホセット
440円~ docomo あり あり

2位

楽天モバイル

楽天モバイルの詳細楽天モバイルの詳細

★★★★★

安い月額料金&電話料半額&楽天ポイントが貯まる!
docomo回線による安定した通信電話料が他社の半額(10円/30秒)で使えるのが魅力!さらに、利用料分の2倍楽天ポイントが貯まるので、楽天市場を使う方にとってはかなりお得です。端末は人気機種が用意されているので、セットでの購入もおすすめ。通話・ネット・お得度の総合力で選ぶならコレ!

月額料金 回線 音声通話プラン スマホセット
525円~ docomo あり あり

3位

IIJmio

IIJmioの詳細

★★★★★

高品質な通信速度で業界シェア2位の人気!
テレビや新聞でもよく見かけるIIJmioは格安SIM業界でシェア2位を誇るほどの人気SIMです。通信速度は比較的速めで、通信の品質を高く維持しているのでユーザー満足度も高くなっています。データプランの数は3、5、10GBの3つしかありませんが、料金はどれも安めです。特に初心者には3GBと5GBのプランが人気!

月額料金 回線 音声通話プラン スマホセット
1,040円~ docomo あり あり

8月MVNOキャンペーン情報

スマホ代 月300円キャンペーンスマホ代 月300円キャンペーン!

【キャンぺーン期間】
2018/7/2(月)~8/31(金)
【キャンペーン内容】
音声通話SIMを契約し、7/3(火)~8/31(金)の間に利用開始日を迎えた方は、月額基本利用料が6ヶ月間900円割引!

最大11,300円キャッシュバックキャンペーンBIGLOBEモバイル 最大11,300円キャッシュバックキャンペーン!

【キャンぺーン期間】
2018年8月6日~2018年9月30日
【キャンペーン内容】
音声通話SIM/3ギガプランの場合、6ヶ月間毎月月額料金400円割引!

楽天モバイル夏祭りセール!楽天モバイル 夏祭りセール!

【キャンぺーン期間】
2018年8月9日(木)10:00~9月1日(土)9:59
【キャンペーン内容】
HUAWEI nova lite2やAQUOS sense lite SH-M05など人気の機種が最安359円/月~で購入可能!

 








この記事をシェアする