格安スマホとラインの疑問と注意点


現在メールや通話よりも利用頻度が高くなってきた「ライン」ですが、

  • 格安スマホでもラインは使えるのか?
  • アカウントはそのまま使えるのか?
  • 格安スマホと普通のスマホでは、ラインの使い方に違いがあるのか?
  • ガラケーの電話番号でスマホのラインは登録できるのか?

などさまざまな疑問がありますよね。
私も2台持ちで格安スマホを検討しているときに、こういったことが気になりました。

そこで、今回は格安スマホとラインの疑問や注意点などを簡単にまとめようと思います。



1.格安スマホでも普通のスマホと同じように使える

格安スマホだからといって特に普通のスマホよりも使いにくいということはありません。
普通のメッセージはもちろん写真も送れます。

メッセージが遅れて届くというような不具合もありません。
格安スマホは通信がキャリアのスマホに比べて少し遅いので、写真を読み込むのには少し時間がかかりますが、「着たメッセージに1分以内に返信しないと気がすまない!」という人でない限りは大丈夫です(笑)

2.アカウントはそのまま使えます

ラインのアカウントはそのまま使うことができます。
新しいスマホにすると、はじめてラインのアプリを起動したときに電話番号やパスワードを入力することになるので、そういったものは事前にメモしておきましょう。

ちなみにツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどのSNSもアカウントはそのままで使うことができます。

注意!

ただし、今までの会話の履歴は新しいスマホには表示されません
データは前のスマホに残っているので消えるわけではないのですが、もし「写真をいつでも見たい」というのであれば、SDカードに保存しておきましょう。

3.ガラケーの電話番号でスマホのラインは登録できます

ガラケーとスマホの2台持ちの人も多いですが、ガラケーの電話番号を使って格安スマホのラインに登録・使用することはできます。
もちろん今まで使っていたスマホの電話番号でも格安スマホのラインに登録できます。

ラインのアプリを起動すると電話番号の入力フォームがでるので、番号を入力します。
すると、ガラケーにショートメールで4桁の暗証番号が送られてくるので、それをラインに入力すれば使うことはできます。

ID検索は基本的に使えない

LINEを使う時にID検索で友人を友達に追加する人も多いと思いますが、基本的に格安スマホでID検索を使うことはできません。ID検索を使うためには年齢認証が必須であり、この年齢認証はキャリアの契約者情報と照らし合わせてチェックが行われます。しかし、格安スマホではこの年齢認証が行われていません。

唯一、年齢認証が可能なのは『LINEモバイル』。LINEが提供しているだけあって年齢認証を行うことができ、ID検索も問題なく使うことができます。詳しい内容については以下のページ↓をご参考ください。

格安スマホでID検索できるのは『LINEモバイルだけ』

2017.02.13

5月MVNOキャンペーン情報

最大15,600円キャッシュバックキャンペーンBIGLOBEモバイル 最大15,600円キャッシュバックキャンペーン!

【キャンぺーン期間】
2018年4月2日〜2018年6月3日
【キャンペーン内容】
<SIMのみ>音声通話SIMの場合
3/6/12/20/30ギガプラン:10,800円キャッシュバック!
さらに3ギガ以上の音声通話SIMの場合Gポイント500G進呈

<端末セット>端末+音声通話SIMの場合
3/6/12/20/30ギガプラン:15,600円キャッシュバック!
さらに3ギガ以上の音声通話SIMの場合Gポイント500G進呈

<端末セット>端末+データSIMの場合
3/6/12/20/30ギガプラン:4,800円キャッシュバック!

楽天モバイル 初夏の大セール楽天モバイル 初夏の大セール

【キャンぺーン期間】
2018年5月10日(木)10:00~2018年6月11日(月)9:59
【キャンペーン内容】
HUAWEI nova lite2やAQUOS sense liteなど人気の機種が最安35円/月で購入可能!

Y!mobileタダ割りY!mobileタダ割り

【キャンぺーン期間】
2017年12月1日(金)~2018年5月31日(木)
【キャンペーン内容】
5~18歳でスマホプランS/M/L申込者が対象で最大3ヶ月基本料0円!

 








この記事をシェアする