格安スマホでアプリは使える?購入前に知っておきたい注意点を解説

格安スマホでアプリは使える?購入前に知っておきたい注意点を解説

格安スマホでアプリは使える?購入前に知っておきたい注意点を解説
格安スマホに乗り換えると毎月の携帯料金を安く抑えられるメリットがありますが、いくつかデメリットもあります。その中で一つがアプリです。ほとんどのアプリはキャリアのスマホと同じように問題なく使用することができますが、いくつかのアプリはそのままだと使用できないこともあります。


キャリア独自のアプリ(サービス)は使えない

アプリの中でauのauスマートパスやdocomoのスゴ得コンテンツ、SoftbankのApp Passなどキャリアが独自に用意しているアプリは使用することができません。

SMSを契約したいとLINEやTwitterなど年齢認証が必要なアプリが使えない

キャリア独自のアプリ以外だと、LINEやTwitterなど年齢認証が必要なアプリは少し注意が必要です。格安スマホを契約するとき『データSIMプラン』と『音声通話プラン』の2種類が用意されていることがほとんどですが、『データSIMプラン』の場合、SMSも一緒に契約されているかチェックしておく必要があります

SMSとは「ショートメールサービス」の略称で、アプリの認証に使われます。しかし、データSIMプランではSMSがオプション扱いになって含まれていない場合もあり、「契約の時に気づかずに、外した状態で契約してしまった…」ということもあります。

格安スマホのプランを見てみると「SMS機能あり」「SMS機能なし」というのを見かけますよね。SMSは「ショートメールサービス(ShortMailService)」の頭文字を取ったもの。...

音声通話プランの場合は最初からSMSが含まれていますので、特に気にする必要はありません。SMSを契約してしまえば認証が必要なアプリでもキャリアのスマホと同じように使えるので、最初からSMSも契約しておくのがおすすめです。

LINEのID検索は使えない

SMSがあればLINEの認証ができますが、ID検索はLINEモバイルでしか使うことができません。ID検索がなければ友人にアカウントを登録してもらうときに少し不便なのですが、「LINEは特に使わない」「電話番号を知っているから自動的に『知り合いかも?』に表示される」というときは、特に問題ないかと思います。

ID検索は他の格安スマホでは使えないので、LINEの使いやすさ重視でLINEモバイルに乗り換える人も多いです。

最近では連絡手段が『LINE(ライン)』メインだという方も多いかと思います。しかし、格安スマホではID検索を使うことができず「気軽に新しいスマホで友達追加ができな...

LINEやゲームなどの引継ぎも問題なくできる

格安スマホでもLINEやゲームのデータの引継ぎは問題なくすることができます。詳しい引継ぎ方法は各アプリによって違うので公式サイトを参考にしてもらいたいのですが、格安スマホだから引き継げないということはありません。

まとめ

  • キャリア独自のアプリは使えない
  • SMS認証が必要なアプリはSMSの契約が必要
  • ID検索はLINEモバイルでしか使えない
  • LINEやゲームなどの引継ぎも問題なくできる

11月MVNOキャンペーン情報

祝トリプルキャリア!3つそろって333キャンペーンmineo 祝トリプルキャリア!3つそろって333キャンペーン!

【キャンぺーン期間】
2018年7月24日(火)~2018年11月6日(火)
【キャンペーン内容】
キャンペーン期間中にauプランまたはドコモプラン、ソフトバンクプランのデュアルタイプに新規お申し込みで月額基本料金が6ヶ月間333円~に割引!

最大16,400円キャッシュバックキャンペーンBIGLOBEモバイル 最大16,400円キャッシュバックキャンペーン!

【キャンぺーン期間】
2018年10月1日~2018年12月2日
【キャンペーン内容】
・SIM単品(音声通話)が月1,200円×6ヶ月間割引
・端末セット(データSIM)が月150円~300円×24ヶ月間割引
・端末セット(音声SIM)が月450円~600円×24ヶ月間割引

スマホ代月300円キャンペーンLINEモバイル スマホ代月300円キャンペーン

【キャンぺーン期間】
2018年7月2日(月)〜11月6日(火)
【キャンペーン内容】
キャンペーン期間中の新規契約で、月額基本利用料が6ヶ月間900円割引になります。

 








この記事をシェアする