学生の子供ならコレ!LINEモバイルの特徴や料金、通信速度について解説

学生の子供ならコレ!LINEモバイルの特徴や料金、通信速度について解説
LINEモバイルの詳細 オススメ度 ★★★★★
月額料金 500円~
回線 docomo/SoftBank
通話プラン あり
端末セット あり
  • LINE、Twitter、Facebook、Instagramはデータ消費ゼロ!速度制限なし
  • LINEアプリを使って毎月の料金をチェック可能
  • 月額基本利用料の1%分のLINEポイントが毎月貯まる
  • LINEモバイルを使っている友人にデータ通信量をプレゼント可能
  • SMS登録なしでLINEアプリが利用可能
  • SoftBank回線にも対応!端末そのままで乗り換えられる

LINEモバイルはLINEが提供する格安SIMのこと。LINEやインスタ、ツイッターなど中高生が使うアプリが他の格安SIMよりも優遇されているのが一番の特徴です。

中学生・高校生の親を持つからすればキャリアの半額以下の携帯料金で子供にスマホを持たせられるメリットがありますし、子どもからすれば格安スマホで制限されがちなアプリがキャリアのスマホと同じように使えるという両者にとってメリットがあり、ここ最近ではかなり伸びているMVNO(格安スマホ業者)でもあります。

当ページでは、LINEモバイルの特徴や料金、通信速度、「なぜ学生におすすめの格安スマホなのか」に関して他社と比較しながら解説していきたいと思います。

今すぐ公式サイトを確認したい方はこちら。
LINEモバイルの公式ページへ移動する


LINEモバイルの特徴

スマホのアプリで一番有名と言っても過言ではないLINEが提供する格安スマホが『LINEモバイル』。名前からも分かる通り、LINEに関連するサービスが優秀だったり、TwitterやインスタグラムなどのSNSが通信量消費ゼロで使えたり若者世代にターゲットを絞った格安スマホとなっています。中学生、高校生の初めてのスマホとしても、かなりおすすめです。

他の格安スマホと違うのは以下のポイント。

【他の格安スマホにはないLINEモバイルだけの特徴】

  • LINE、Twitter、Facebook、Instagramはデータ消費ゼロ
  • LINEのID検索が使える
  • SMS機能なしでLINEアカウントを作れる
  • フィルタリングアプリ「iフィルター」が無料で使える
  • 契約者と利用者を分けて子供の課金を防ぐことができる
  • アプリを使えばGPS機能で子供の位置情報を把握できる

LINE、Twitter、Facebook、Instagramはデータ消費0

LINEモバイルの特徴
まずは子供側のLINEモバイルのメリットを3つほどご紹介したいと思います。

学生なら特にLINE、Twitter、Facebook、Instagramの4つのアプリは必須で「通信制限がかかっても使う」「毎日1回は必ず使う」という方も多いかと思います。LINEモバイルならLINE、Twitter、Facebook、Instagramのデータ通信量が必要ないため、どれだけ使っても通信制限にかかることがありません

また通信量のデータ消費が0ですので、youtubeなどのせいで通信制限にかかってしまったとしてもLINE、Twitter、Facebook、Instagramに関しては通常通り高速通信で楽しむことができます。

最近は小学生でもSNSやYoutubeなどの動画を楽しむことが普通ですし、連絡手段でLINEを使うのも当たり前です。しかし、使いたいものを使いたいだけ使ってしまうのが子供。キャリアのスマホだったり他の格安スマホだとすぐに通信制限にかかってしまいます。

親の立場からしても「すぐに通信制限になるから容量の大きいプランに変えてくれ!」なんて言われて、わざわざ月額料金の高いプランを契約させられることもなくなりますので、LINEモバイルを使うことで家計への負担を最小限に抑えることができます

LINEのID検索が使える

LINEモバイルの特徴
すでにスマホを持っている人はLINEも使っているかと思います。通常の格安スマホではLINEのID検索に対応していませんので、乗り換え後にLINEを使う際に『「友達かも?」に表示される友達としかLINEできない』『実際に会ってからじゃないとLINEを交換できない』と、かなり面倒なことになります。

ID検索ができればLINEのIDを聞くだけですぐに友達になれますし、自分のLINE IDを教えることで友達認証してもらうことができます。

ID検索はLINEを手放せない人にとっては重要な機能ですが、残念ながらLINEモバイル以外の格安SIMではID検索に対応していません

SMS機能なしでLINEアカウントを作れる

SMS(ショートメールサービス)はアプリの年齢認証に必要な機能であり、プラン加入時に有無を選択することができます。SMS機能を付けない方が月額料金は安いのですが、年齢認証できなければLINEを使うことができません。

しかし、LINEモバイルならSMS機能を付けていないプランでも、LINEアカウントを作成できるようになっています。このあたりは、さすがLINEの運営元だなって感じですね。細かい点ではありますが、LINEを使う方にとってはありがたいメリットです。

フィルタリングアプリ「iフィルター」が無料で使える

フィルタリングアプリ「iフィルター」が無料で使える
次に親から見たLINEモバイルのメリットを3つほど紹介したいと思います。

子供のスマホにはフィルタリングアプリを入れたい親御さんも多いはず。エロサイトをはじめとした悪質なサイトの閲覧を自動で制限したり、子供がアプリをダウンロードする時に親のスマホで一つ一つ承認しなければいけなくなりますので、スマホによる悪影響を未然に防ぐことができます。

他の格安スマホでiフィルターを入れようとするとオプション料金を月額500円ほど取られてしまいますが、LINEモバイルなら無料で入れることができます。

また、iフィルターがあれば利用時間の制限もすることができますので、子供がスマホばかりをやって勉強をおろそかにすることを防ぐこともできます。

契約者と利用者を分けて子供の課金を防ぐことができる

子供の利用状況を把握できるLINEモバイルでは契約者と利用者を分けて利用することができます。そのため、親を契約者連携しておけば子供がアプリに課金するを防ぐことができます。最近では子供が勝手にクレジットカードを使って課金に10万円や20万円を使う事件もありますので、この仕組みはかなりありがたいです。

アプリを使えばGPS機能で子供の位置情報を把握できる

これはLINEモバイルだけの特典ではありませんが、子供の見守りアプリを使えばGPS機能で子供の位置情報を把握することができます。GPSアプリは検索すればいろいろ出てきますし、例えば「Life360」なんかは世界中で使われている定番のGPSアプリですので、特に「どれにしようかな?」なんて迷う心配もありません。料金は全て無料ですし、Android・iPhoneどちらにも対応しています。

LINEモバイルの料金

LINEモバイルの大きな特徴が分かったところで、次にLINEモバイルの料金プランや通話料金について見ていきましょう。

【LINEモバイルの料金内訳】
初期費用(初月のみ) + 基本料金 + 通話料金 + 端末の分割料金(端末を購入した場合)

初期費用

初月は初期費用として3,400円かかります。これはどのMVNO・キャリアでも支払う料金ですので問題ありませんね。

基本料金

基本料金は選ぶプランによって変わります。LINEモバイルで用意されているプランは3つと非常にシンプル。

LINEフリープラン コミュニケーション
フリープラン
MUSIC+プラン
1GB 1,200円
3GB 1,690円 2,390円
5GB 2,220円 2,720円
7GB 2,880円 3,280円
10GB 3,220円 3,520円
カウントフリー
対象サービス
LINE LINE、Twitter、Facebook、Instagram LINE、Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSIC

上記は音声通話SIM(データ通信 + SMS + 音声通話)の料金プランです。3つのプランは『通信制限なしで使えるサービスの対象範囲』が違います。

一番人気はコミュニケーションフリープランであり、3GB~7GBのプランを選ぶ方が多いです。詳しい料金プランは公式サイトでも確認できますので、ぜひそちらもチェックしてみてください。

通話料金

通話料金は20円/30秒。30秒通話するごとに20円かかります。

通話の頻度が多い場合は『10分電話かけ放題(月額880円)』のオプションを付けることで、料金を安く抑えることができます。22分以上通話すると通話料金は880円かかりますので、22分以上なのか以下なのかでオプション付与を判断するといいでしょう。

料金の支払い方法はクレジットカードのみ

LINEモバイルの料金支払い方法はクレジットカードのみです。他の格安SIMと同じですね。クレジットカードの種類はVISAでもJCBでも、何でもOKです。使えないクレジットカードはありません。

デビットカードには対応していませんので、注意しておきましょう。

クレジットカードを持っていない場合は『新しくクレジットカードを発行する』『クレジットカードを持っている両親に代わりに契約』してもらいましょう。

今からクレジットカードを発行するなら楽天カードがおすすめ。審査レベルが低いため、大学生や専門学生以上であれば比較的誰でも持ちやすい(楽天で落ちたら他のカードも落ちるレベル)ですし、ポイントも貯まりやすく(平均の2倍)年会費もずっと無料ですのでコスパ抜群の1枚ですよ。

料金に支払いはいつから始まる?

支払い日は使っているクレジットカードの引き落とし日によって変わります。LINEモバイルの請求自体は『ご利用月の翌月5日頃』となっていますが、多くのクレジットカードは月末に請求が来るため、LINEモバイルの月額料金を支払うのは月末の場合が多いと考えておけばいいでしょう。

ここで問題なのが1日~4日の間に契約した場合、料金の支払い日はいつになるのか?ということ。例えば、8月5日以降に契約した場合は、9月5日に請求が来て、9月末に支払い…という流れになります。

では、8月1日~4日に契約した場合どうなるのかというと、この場合も日割りなどは発生せず、5日以降に契約した場合と同じように請求されます。なので、1日~4日に契約した場合の方が数日分だけお得というわけですね。

LINEモバイルの申込に必要なのはクレジットカードだけ

LINEモバイルへの申込は非常に簡単で、公式の申込ページからプランを選んで、契約者情報とクレジットカード情報を入力するだけです。料金プランや端末購入の有無を考えておけば、30分ぐらいでパパっと契約を終わらせることができますよ。

後は、家にSIMカードや端末セットが届けられるのを待っておくだけ。特に端末もセット購入した場合は、最初から全て設定し終わった状態で届きますので、手元に届いた瞬間からスマホを使うことができますよ。キャリアよりも月額5000円以上安くLINEやSNSを無制限で使えるLINEモバイルは10代~20代のスマホにピッタリです。

通信速度は中級レベル

通信速度は使う環境や時間帯によって大きく変動してしまうため一概には言えないのですが、全体的な評価としては中級レベルの速度です。基本的には通信速度に悩まされることなく、動画なども止まることなく再生されますが、夜22時や夕方18時のように多くの人が一斉に使い始める時間帯は遅延が発生することもあります

サービス開始当初は高速通信ができることで評判でしたが、現在はLINEモバイルの利用者もかなり増えてきましたので、そこそこの通信速度に落ち着いています。

私が使ってみた感想としては「youtubeの720pは夜でも止まらないけど、人気の生放送はたまに止まるな~」という感じです。他の格安スマホも同じようなものですので、LINEモバイルが特別遅いわけではありません。

まとめ

10代や20代が中心に使っているLINEだからこそ、学生が頻繁に使うSNS系のアプリをより使いやすいように特徴づけているLINEアプリ。不必要な機能なども一切なく、料金も格安ですで家計への負担を最小限にすることができます。

docomo回線を使っているため通信速度も問題なし。日本全国どこにいても問題なく使うことができます。

料金プランはシンプルに3種類しかなく、通常はコミュニケーションフリープランを選んでおけば間違いありません。

【LINEモバイル関連記事】

8月MVNOキャンペーン情報

スマホ代 月300円キャンペーンスマホ代 月300円キャンペーン!

【キャンぺーン期間】
2018/7/2(月)~8/31(金)
【キャンペーン内容】
音声通話SIMを契約し、7/3(火)~8/31(金)の間に利用開始日を迎えた方は、月額基本利用料が6ヶ月間900円割引!

最大11,300円キャッシュバックキャンペーンBIGLOBEモバイル 最大11,300円キャッシュバックキャンペーン!

【キャンぺーン期間】
2018年8月6日~2018年9月30日
【キャンペーン内容】
音声通話SIM/3ギガプランの場合、6ヶ月間毎月月額料金400円割引!

楽天モバイル夏祭りセール!楽天モバイル 夏祭りセール!

【キャンぺーン期間】
2018年8月9日(木)10:00~9月1日(土)9:59
【キャンペーン内容】
HUAWEI nova lite2やAQUOS sense lite SH-M05など人気の機種が最安359円/月~で購入可能!

 








この記事をシェアする