mineo VS イオンモバイル!どっちがおすすめか比較してみた

mineo VS イオンモバイル!どっちがおすすめか比較してみた

mineoとイオンモバイルはどちらもユーザーに寄り添ったサービスを展開しており、雑誌やネットアンケートでお客様満足度1位・2位を争う人気のMVNO(格安スマホ業者)です。それゆえに、どちらにしようか迷ってしまうのも事実。

そこで今回はmineoとイオンモバイルを「料金の安さ」「ネットの使いやすさ・速さ」「サポートの質」の3つから比較をして、どちらがおすすめかをご紹介していきたいと思います。

ちなみに、結論は先に書いておきたいと思います。

【こんな人におすすめ】

  • mineo:10代・20代のネットを多用する人
  • イオンモバイル:30代以上のスマホに疎い人・料金をとにかく抑えたい人

お問い合わせ

料金の安さはイオンモバイルの勝ち

mineoイオンモバイル
500MB1,400円1,130円
1GB1,500円1,280円
2GB1,380円
3GB1,600円
4GB1,580円
6GB2,280円1,980円
8GB2,680円
10GB3,220円
12GB3,280円
20GB4,680円4,680円

上記はmineoとイオンモバイルの音声通話プランでの料金表となります。表からも分かるように、10GB以下でのプランではイオンモバイルの方が安い料金設定になっています。

イオンモバイルはMVNOの中でも業界最高水準の料金プランになっており、毎月の携帯料金をギリギリまで抑えることができます。当ページには記載しておりませんが、通話なしのプランでもイオンモバイルの方が安いです。

格安スマホへの乗り換えを検討している方の多くは「毎月1GB~5GBあれば十分」というライトユーザーの方だと思いますので、料金の安さで選ぶのであればイオンモバイルがおすすめです。

mineoもイオンモバイルも縛り期間なし

携帯電話には「2年縛り」が多く、契約から2年以内に解約・乗り換えをしてしまうと違約金が発生してしまうことがありますよね。しかし、mineoもイオンモバイルも縛り期間が一切用意されておらず、たとえ契約から数ヶ月で解約してしまったとしても1円も違約金が発生することがありません

乗り換える手間はかかりますが、万が一どちらかを使ってみて「微妙だな」と感じた時に、すぐに乗り換えられるのはありがたいですよね。

ネットの使いやすさ・速さは同じぐらい

ネットの速さは両者互角ぐらいです。理論値としては「mineo:225Mbps」「イオンモバイル:375Mbps」となっていますが、実際に使用してみるとどちらも1~4Mbpsが安定して出るような感じなので、体感速度はほとんど変わりません。

ネットの中でも特に通信量のかかる「youtubeの高画質動画(720p)」でも1Mbpsあれば止まることなく動きますので、ネットや動画、生放送など見る場合は、mineoとイオンモバイルどちらを選んでもストレスなく楽しむことができますよ。

ただし、個人的にはmineoの方がおすすめです。

mineoにはパケットをシェアできるサービスが用意されており、毎月最大1GBまでシェアし合うことができます。つい通信量を使いすぎて速度制限にひっかかってしまう人も、このサービスを利用すれば、どうしてもネットを使いたいときに助かりますよ。

好きなアーティストや配信者、投稿されたばかりの動画などを見逃すことがなくなります。

サポートの質は同じだけど、サポート体制が違う

mineoとイオンモバイルはどちらもお客様満足度1位・2位を獲得した実績のあるMVNOなので、サポートの質は抜群です。比較するポイントとしては「ネット中心か」「店舗中心か」ということになります。

【サポート体制の違い】

  • mineo:ネット中心
  • イオンモバイル:店舗中心

mineoは「マイネ王」と呼ばれる無料コミュニティが用意されており、Yahoo!知恵袋のような感じでサポートセンターやmineoユーザーに直接質問・相談できるようになっています。mineoは格安スマホの中でもユーザー数がトップレベルに多いため、分からないことは検索すればだいたい出てきます。

一方、イオンモバイルは全国のイオンに店舗が用意されており、auやdocomoなどのキャリアと同じように店舗で相談・質問をすることができます。特にスマホの扱いに慣れていない40代以上の世代の方はネットで質問するよりも対面で直接聞いた方がトラブル解決しやすいかと思いますので、イオンモバイルの方がおすすめです。

ネットからの申し込みは圧倒的にmineoの方が分かりやすい

格安スマホではネット申込が基本ですが、イオンモバイルの申し込みフォームは非常に分かりづらいです。私の完全な主観で感想を言うと「ネットから申し込みさせる気がないのでは?」と思ってしまうほどでした。

途中までは他社MVNOと全く同じ申込フォームなのですが、途中で「イオンスクエア」と呼ばれるイオンのサービスに登録する必要があったり、このサービスへの登録でエラーが無限に発生して登録できない不具合が起きることもありました。

どちらにも申し込んだ経験者から言わせてもらうと、この点だけでも圧倒的にmineoの方がおすすめです。

mineo公式サイトはこちら

auからの乗り換えの場合はmineo一択

auで使っていたスマホをそのまま乗り換える場合はmineo一択となります。イオンモバイルはdocomo回線を利用しているため、キャリアからの乗り換えではdocomo端末にしか対応していません

docomo回線であればmineoとイオンモバイルどちらにも乗り換えることができますので、料金やサービス内容などを比較して好きなほうを選びましょう。

まとめ

mineoイオンモバイル
メリット・毎月最大1GBシェアできる
・用意されている端末の種類が多い
・解約金がない
・料金が安い
・店舗で相談できる
・解約金がない
デメリット・店舗が主要都市にしかない・端末の種類が少ない

mineo

mineoの詳細オススメ度★★★★★
月額料金700円~
回線au/docomo
通話プランあり
端末セットあり
iPhone対応
  • docomo回線だけではなくau回線でも使える
  • 毎月最大1GBがシェアできる『フリータンク』
  • 余った容量は翌月に繰り越せるor友達・家族にプレゼントできる
  • 通話定額プランあり
  • 分からないことはチャットで気軽に質問できる『マイネ王』
  • 解約違約金は一切なし

イオンモバイル

イオンモバイルの詳細オススメ度★★★★★
月額料金480円~
回線docomo
通話プランあり
端末セットあり
  • 初期設定や面倒な設定は全てイオンモバイルがやってくれる!
  • 契約縛り一切なし!いつでも解約金0円
  • 故障修理や料金プランが全国200店舗で受けられる
2月限定 お得なキャンペーン!

新年度に向けて何かとお金が必要になる時期!格安SIMで毎月の携帯料金を減らせば、いつもよりちょっと気持ちに余裕を持った生活ができますよ。今ならお得に乗り換えられるキャンペーンも実施中です。

最大22,794円キャッシュバックキャンペーンBIGLOBEモバイル 最大22,794円キャッシュバックキャンペーン!
【キャンぺーン期間】
2018年12月3日~2019年2月3日
【キャンペーン内容】
・SIM単品(音声通話)が7,200円値引き(月1,200円×6ヶ月間割引)&初期費用(3,394円値引きで)無料
・端末セット(データSIM)が月150円~300円×24ヶ月間割引
・端末セット(音声SIM)が月450円~600円×24ヶ月間割引&初期費用(3,394円値引きで)無料&Gポイントを5,000G進呈(対象機種:HUAWEI P20 lite、HUAWEI nova3、ASUS ZenFone 5)

詳細はコチラ

SNS使い放題 新・月300円キャンペーンLINEモバイル SNS使い放題 新・月300円キャンペーン
【キャンぺーン期間】
2018/11/7(水)~未定
【キャンペーン内容】
キャンペーン期間中の新規契約で、月額基本利用料が3ヶ月間1,390円割引になります。(LINEフリープランの場合は月額基本利用料が3ヶ月間900円割引)

詳細はコチラ

楽天モバイル ありがとう4周年 続・感謝セール!楽天モバイル 2019年 春のスマホ割引キャンペーン!
【キャンぺーン期間】
2019年1月30(水)10:00~2019年3月14日(木)9:59
【キャンペーン内容】
人気スマホHUAWEI nova lite2やAQUOS sense lite SH-M05、iPhone SEが最安314円/月で買える大幅割引で購入可能!在庫がなくなり次第終了となりますので、お早めに!

詳細はコチラ

気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA