キャリアからmineoに乗り換え!乗り換え方法や準備しておくもの、ライン引継ぎの注意点などを解説

キャリアからmineoに乗り換え!乗り換え方法や準備しておくもの、ライン引継ぎの注意点などを解説

キャリアからmineoに乗り換え!乗り換え方法や準備しておくもの、ライン引継ぎの注意点などを解説
mineoはauとdocomoどちらの端末でそのまま乗り換えることができるため、MVNO(格安スマホ業者)の中でも人気です。毎月の携帯代を抑えるためにmineoへの乗り換えを検討している方も多いでしょう。

しかし、いざ本気で乗り換えようと思うと「乗り換え方法」や「乗り換えの時に気を付けることって何かあるの?」「申し込みに必要な書類とかは?」など、たくさんの疑問があるかと思います。

そこで今回はキャリアからmineoに乗り換える方法や乗り換える時の注意点などについて、詳しく解説していきたいと思います。


au端末とdocomo端末でのmineoの乗り換え方

まずは、au端末・docomo端末を使って乗り換える方法をご紹介していきます。Softbankの場合は回線が対応していないため新しく端末を購入しなければなりませんので、SIMフリーの端末を購入するか、mineoのセット端末を購入しましょう。

関連記事:Softbank端末でmineoに乗り換える方法

まずはMNP予約番号を手に入れよう

【mineoを使うまでの手順】

  1. キャリアからMNP予約番号をもらう
  2. mineoでSIMカードを申込む
  3. カード到着後、MNP転入手続き
  4. 端末側のapn設定
  5. 乗り換え完了

まずはキャリアからMNP予約番号をもらいます。MNP予約番号は、今使っている携帯便号を引き継ぐために必要なものですあり、mineoに申込むときに必要になりますので、必ず先に入手しておきましょう。

各キャリアからMNP予約番号を取得する方法は以下のとおり。

ドコモでのMNP予約番号の取り方

My Docomoにアクセスし、「My docomoサービス一覧」→「各種お申込・お手続き一覧]」→「ご契約内容確認・変更」→「携帯電話番号ポータビリティ予約」から申し込みを行います。申込み後に、MNP予約番号と有効期限が表示されるので、メモに残して完了です。

ソフトバンクでのMNP予約番号の取り方

ソフトバンクの場合は電話での取得となります。

  • 携帯電話からの場合: *5533へ電話
  • 一般電話からの場合: 0800-100-5533へ電話

受付時間は9:00〜20:00。契約した時に設定した4桁のネットワーク暗証番号を質問されますが、忘れていてもオペレーターとの本人確認の手間が増えるだけですので、気にせずに電話しましょう。本人確認が終われば、予約番号が発行されます。

auでのMNP予約番号の取り方

auも電話での取得が必要になります。

  • 一般電話/携帯電話共通: 0077-75470へ電話

受付時間は9:00〜20:00。ソフトバンクと同じくネットワーク暗証番号を入力する必要がありますが、忘れていてもオペレーターとの本人確認でMNP予約番号を発行してもらうことができます。



MNP予約番号の期限は発行から15日間であり、発行期限が10日以上残っていなければ申し込みができませんので、mineoへの申し込みはお早めに!

手順1.端末が対応しているかチェック

端末が対応しているかチェック
MNP予約番号をゲットしたら、いよいよmineoへの申し込みです。

まずは、自分の端末がmineoに対応しているかチェックしましょう。公式申込ページを開き、少し下に進んでいくと『ドコモ対応端末一覧』『auプラン対応端末一覧』がありますので、クリックして自分の端末が対応しているかチェックしてみてください。

手順2.『お申し込みはこちら!』ボタンをクリック

mineoの申し込みボタンをクリック
端末の確認が終わったら、ページ右上の『お申し込みはこちら!』のボタンをクリックします。ちなみに『お申し込みはこちら!』のボタンはページ内に何か所かあります。好きなところをクリックしてください。

手順3.『お申し込み手続きへ』ボタンをクリック

お申し込み手続きへ

次のページでは『お申し込み手続きへ』をクリックしてください。既に一度mineoに登録している場合は、eoIDを使ってログインしましょう。

手順4.お申し込み方法の選択

お申し込み方法の選択
mineoのお申し込み方法には『エントリーコードをお持ちでないお客さま』『エントリーコードをお持ちのお客さま』『エントリーパッケージをお持ちのお客さま』の3つがありますが、特に理由が無ければ一番左の『エントリーコードをお持ちでないお客さま』を選択すればOKです。

手順5.サービスの選択

サービスの選択
プランやSIMタイプを選択していきます。

au端末を使う場合は『auプラン(Aプラン)』を選び、docomo端末を使う場合は『ドコモプラン(Dプラン)』を選びましょう。

SIMタイプは、090や080の電話を使う場合は『デュアルタイプ』、使わない場合は『シングルタイプ』を選びましょう。シングルタイプでも050から始まる電話やLINEようなアプリの電話は使うことができますが、090などの電話に比べると品質が落ちますので、『デュアルタイプ』の方が安心です。

月のデータ通信量を選択
SIMタイプを選ぶとコースの選択画面が出ますので、毎月どれくらいのデータ通信量を使うのか決めましょう。普通は3GB6GBですね。あまりネットを使わない人は3GB、そこそこネットを使う人は6GB、ヘビーユーザーは10GB以上といったところでしょう。

ここで選んだプランは後からいつでも変更することができ、変更した翌月から適用してもらうことができます。実際に使いながら調整していくといいでしょう。

通信サービスを選択
コース選択が終わると通信サービスを選ぶ項目が出てきます。いわゆるオプションですね。それぞれの項目について簡単に説明します。

  • mineoでんわ 10分かけ放題・・・10分以内の通話が0円になる。月額850円。10分を超えると10円/30秒の通話料金が発生するので、一度切ってかけなおすのがポイント。
  • mineoでんわ・・・・・・・・・・通話料金が10円/30秒になる。月額料金などは無し。オプション加入後に専用アプリ経由で電話をかけるだけで適用される。
  • 通話定額30・・・・・・・・・・・最大30分間の通話が0円になる。月額840円。30分を超えると20円/30秒の通話料金が発生する。
  • 通話定額60・・・・・・・・・・・最大60分間の通話が0円になる。月額840円。60分を超えると20円/30秒の通話料金が発生する。

どのオプションが一番お得なのかは「mineoの通話オプションで一番お得なのはどれ?比較&解説」に記載していますので、そちらを参考にしてみてください。

『申し込まない』という選択肢もありますが、『mineoでんわ』ぐらいは個人的には入っておいていいのかな~と思います。月額料金がかからずに、通話料金が半額になりますからね。

端末購入の有無を選択
最後に端末購入の有無を選択します。今回はau端末またはdocomo端末をそのまま引き継ぐので、『SIMカードのみ』を選択してください。選択が終わったら『次へ進む』をクリック。

手順6.SIMカード形状の選択

SIMカード形状の選択
SIMカードの形状は『標準SIM』『micro SIM』『nano SIM』の3つがありますので、自分の端末に合ったSIMサイズを選びましょう。『mineo動作確認端末一覧』の項目を参考にすることで、自分の端末のSIMサイズを確認することができますよ。

手順7.MNPの申し込み

MNPの申し込み
『MNPする』を選択し、事前に用意しておいたMNP予約番号や現在使っている電話番号、MNP予約番号の有効期限などを入力していきます。特に難しいことはありません。

手順8.お客様情報を入力して申し込み完了!auやdocomoを解約する必要はなし

後はお客様情報やクレジットカード情報を入力すれば、申し込み完了です。後日SIMカードが自宅に届けられますので、それを端末に挿し、ANP設定を終わらせればmineoの回線が開通します。ANP設定は同封される説明書を見れば誰でも簡単にできますので、スマホに詳しくない人でも大丈夫ですよ。

「au(docomo)の解約はいつするの?」と疑問に思われるかもしれませんが、mineoの回線が開通した段階で勝手に解約となりますので、わざわざ店舗へ行って解約する必要はありません。

mineoの乗り換えで準備しておくもの

  • MNP予約番号
  • クレジットカード

mineoの乗り換えで用意しておくべきものは『MNP予約番号』『クレジットカード』だけ。

MNP予約番号を取得する方法は「まずはMNP予約番号を手に入れよう」に記載していますので、そちらを参考にしてみてください。

クレジットカードは契約の時に必要になります。mineoの支払い方法はクレジットカードにしか対応しておらず、デビットカードや口座振替ができません。

また、mineo契約者の名義とクレジットカードの名義が同じでなければ契約できませんので、必ず自分のクレジットカードで契約しましょう。名義が違って契約できないトラブルは非常に多いです。

自分のクレジットカードを持っていない場合は、カードを持っている両親に代わりにmineoを契約してもらうか、自分用のクレジットカードを発行しましょう。おすすめは楽天カードです。「審査レベルが低く誰でも持ちやすい」「ポイントが貯まりやすい」「年会費が無料」と使い勝手のいい初心者用のカードですので、今から発行するのにピッタリです。

ラインや写真は引き継げるの?

mineoに乗り換える時もLINEや保存している写真・電話帳などのデータは引き継ぐことができます。アプリの引き継ぎ方は各アプリによって違いますので、それぞれの公式サイトをご参照ください。LINEのアカウントは以下の公式動画を参考にすれば引き継げますよ。

写真や電話帳などはSDカードに保存しておけば、mineoに乗り換えてもデータが消えることはありません。端末本体に保存しているデータは現在使っているキャリアのSIMカードに残ってしまうので、必要な分だけSDカードへ移しておきましょう。

まとめ

以上がキャリアのスマホからmineoに乗り換える方法です。そこまで難しくはないので、スマホに詳しくない方でも30分程度で申し込みを終わらせることができますよ。申し込みが終わってAPN設定が終わるまでは今使っているキャリアが解約されることはありませんので、万が一途中で分からなくなってもスマホはいつも通り使うことができます。

分からなくなったら、焦らず、mineoのサポートセンターに問い合わせてみましょう。

10月MVNOキャンペーン情報

祝トリプルキャリア!3つそろって333キャンペーンmineo 祝トリプルキャリア!3つそろって333キャンペーン!

【キャンぺーン期間】
2018年7月24日(火)~2018年11月6日(火)
【キャンペーン内容】
キャンペーン期間中にauプランまたはドコモプラン、ソフトバンクプランのデュアルタイプに新規お申し込みで月額基本料金が6ヶ月間333円~に割引!

最大16,400円キャッシュバックキャンペーンBIGLOBEモバイル 最大16,400円キャッシュバックキャンペーン!

【キャンぺーン期間】
2018年10月1日~2018年12月2日
【キャンペーン内容】
・SIM単品(音声通話)が月1,200円×6ヶ月間割引
・端末セット(データSIM)が月150円~300円×24ヶ月間割引
・端末セット(音声SIM)が月450円~600円×24ヶ月間割引

スマホ代月300円キャンペーンLINEモバイル スマホ代月300円キャンペーン

【キャンぺーン期間】
2018年7月2日(月)〜11月6日(火)
【キャンペーン内容】
キャンペーン期間中の新規契約で、月額基本利用料が6ヶ月間900円割引になります。

 








この記事をシェアする