【最新キャンペーン情報あり】nuroモバイルの特徴を解説!評判から見えるメリット・デメリット

【最新キャンペーン情報あり】nuroモバイルの特徴を解説!評判から見えるメリット・デメリット

ソニーグループの会社が提供する格安SIMがnuroモバイル。同社の提供するNURO光が光回線の中でトップレベルの爆速通信速度で人気であり、「その通信速度をスマホでも実現してくれるのでは?」ということでネットに詳しい人たちから高い注目をあびているMVNOでもあります。

docomo回線とSoftBank回線の2つが用意されていますがSoftBank回線はまだまだサービス展開中の状態ですので、docomoからの乗り換えを考えている方におすすめです。


お問い合わせ

最新キャンペーン情報

月額利用料金1,000円引きキャンペーンの詳細

キャンペーン名月額利用料金1,000円引きキャンペーン
キャンペーン期間2018年12月1日(土)~2018年12月31日(月)
キャンペーン内容対象の容量に音声通話付きプランでお申し込みいただいた方に、ご利用開始翌月~11ヵ月間、毎月1,000円を割引。
キャンペーン対象・ドコモ回線又はソフトバンク回線のMプラン又はLプランに、音声付きのプランで新規又は他社からのお乗り換え(MNP)でお申し込みの方
・キャンペーン期間中にプランの変更及び、nuroモバイルサービスを解約された場合にはキャンペーンは継続されませんのでご注意ください。
・nuroモバイルとXperia XZ Premiumをお申し込みの場合はキャンペーン適用外となりますので、ご注意ください。

特徴(メリット・デメリット)

nuroモバイルの詳細オススメ度★★★☆☆
月額料金300円~
回線docomo、Softbank
通話プランあり
端末セットあり
iPhone対応
  • 気軽に使えるデータSIMプラン(月額300円)、音声SIMプラン(1,000円)がある
  • SoftBank端末でも使える貴重なMVNO
  • 端末買取サービスも行ってもらえる

気軽に使えるデータSIMプラン(月額300円)、音声SIMプラン(1,000円)がある

2018年10月1日から料金ぽプランが変更になり、ユーザー人気の高い3つのプラン初めて格安SIMを使う人でも気軽に使える激安プランが提供開始されました(詳しくは料金プランの項目参照)。

激安プランの名前は「お試しプラン」となっていることも分かるように、容量0.2GB、データSIMは月額300円、音声通話SIMは月額1,000円で使えます(SoftBank回線は+200円)。

おそらく全てのMVNOの中でもここまで料金の安いプランはありません。容量自体も少ないですが、格安スマホがどんな感じなのかを試すにはこれほど最適なSIMはないでしょう。

データSIMなら縛り期間や違約金もありませんので、まずはデータSIMで通信速度をチェックし、問題なさそうなら音声通話SIMに乗り換えると失敗もなく格安スマホに乗り換えることができますよ。

SoftBank端末でも使える貴重なMVNO

SoftBank回線のプランを用意しているMVNOはまだまだ少なく、有名なところでは4社ほどしかありません。現在SoftBankのスマホを使っている場合はSoftBank回線のMVNOを選ぶことで、SIMロック解除なしで今使っている端末をそのまま使用することができます。

注意点としては「選べる料金プランが少ない」「毎日5時間分が高速通信になるプラン深夜1時~6時だけ高速通信になるプランが選べない」の2点。SoftBank回線を契約している人はまだまだ少ないため比較的快適な通信を楽しむことができます、現在は2GBと5GBのプランしか選べません。

もし3GBや6GBなどの容量プランを選びたい場合はmineoLINEモバイルなど別のMVNOでの契約をおすすめします。

詳しい料金プランの比較は「SoftBank端末で使えるおすすめの格安SIM【4社を比較してみた】」で紹介しています。

SoftBank端末で使えるおすすめの格安SIM【4社を比較してみた】
SoftBank端末で使えるおすすめの格安SIM【4社を比較してみた】もともとSoftBank端末をそのまま使える格安SIMは存在せず、新しく端末を買ったり、SIMロック解除をしなければ格安スマホとして使う...

端末買取サービスも行ってもらえる

nuroモバイルでは端末買取サービスを行っているため、今使っているスマホを売ったお金を新しい端末の購入代金として使うことができます。キャリアでは古い端末をその場で下取りしてくれることも珍しくないですが、ネット契約が一般的な格安SIMではなかなか買取まで行っているMVNOはありません。

端末も新しく購入する予定の場合は、ぜひ利用しておきたいサービスですね。

料金プラン

docomo回線

データ専用データ+SMS音声通話付き
お試しプラン(0.2GB)300円450円1,000円
Sプラン(2GB)700円850円1,400円
Mプラン(7GB)1,500円1,650円2,200円
Lプラン(13GB)2,700円2,850円3,400円

上記が通常の料金プランです。通信上限を超えると通信制限にかかり、低速通信しか行えなくなります。

SoftBank回線

データ専用データ+SMS音声通話付き
お試しプラン(0.2GB)500円1,200円
Sプラン(2GB)980円1,680円
Mプラン(7GB)2,300円3,000円
Lプラン(13GB)2,980円3,680円

SoftBank回線ではSMS付きのデータSIMを選ぶことはできません。

オプション料金

オプション名月額料金内容
nuroモバイルでんわ無料10円/30秒で通話ができる
10分かけ放題800円毎月電話が10分以内ならかけ放題
端末補償500円自然故障・破損・水濡れの場合に修理・交換をサポート
訪問サポート8,000円初期設定やアプリのインストールなどお客さま宅で専門スタッフが丁寧にサポート
遠隔サポート3,000円30分間の基本レッスンで、インターネット接続、通話やアドレス帳の操作について学べます
i-フィルター for マルチデバイス330円~有害サイトフィルタリングサービスをnuroモバイルユーザ限定の優待価格に

初期手数料/最低利用期間/解約手数料

登録事務手数料3,000円/1契約
最低利用期間内解約金
(音声通話プランのみ)
12,000円~0円
(サービス開始月から12ヶ月後まで、毎月1,000円ずつ減額)
SIMカード準備料ドコモ回線:394円 ソフトバンク回線:384円
MNP転出手数料3,000円

利用者の口コミ(通信速度や使い勝手について)

いい口コミ

悪い口コミ

7月限定 お得なキャンペーン!

今ならお得に乗り換えられるキャンペーンも実施中です。

最大29,794円キャッシュバックキャンペーンBIGLOBEモバイル 最大29,794円キャッシュバックキャンペーン!
【キャンぺーン期間】
2019年7月1日~2019年7月31日
【キャンペーン内容】
・SIM単品(音声通話)が7,200円値引き(月1,200円×6ヶ月間割引)&初期費用(3,394円値引きで)無料
・端末セット(データSIM)が月150円~300円×24ヶ月間割引
・端末セット(音声SIM)が月450円~600円×24ヶ月間割引&初期費用(3,394円値引きで)無料&Gポイントを5,000G進呈(対象機種:HUAWEI P20 lite、HUAWEI nova3、ASUS ZenFone 5)

詳細はコチラ

SNS使い放題 新・月300円キャンペーンLINEモバイル SNS使い放題 新・月300円キャンペーン
【キャンぺーン期間】
2018/11/7(水)~未定
【キャンペーン内容】
キャンペーン期間中の新規契約で、月額基本利用料が3ヶ月間1,390円割引になります。(LINEフリープランの場合は月額基本利用料が3ヶ月間900円割引)

詳細はコチラ

楽天モバイル ありがとう4周年 続・感謝セール!楽天モバイル 2019年 春のスマホ割引キャンペーン!
【キャンぺーン期間】
2019年6月30日10:00~2019年7月14日9:59
【キャンペーン内容】
人気スマホHUAWEI nova lite2やAQUOS sense lite SH-M05、iPhone SEが最安314円/月で買える大幅割引で購入可能!在庫がなくなり次第終了となりますので、お早めに!

詳細はコチラ

気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA