【最新キャンペーン情報あり】OCNモバイルONEの特徴を解説!評判から見えるメリット・デメリット

OCNモバイルONEはNTTグループの格安SIM。「低速最強」と呼ばれており、通信制限時でも他社より早い通信速度でネットや動画を楽しめるのが最大の特徴です。

料金プランも他社には用意されていないもの多く、より自分の使い方に合った格安スマホを使うことができます。


最新キャンペーン情報

最大10,000円Amazonギフト券プレゼントキャンペーン

最大10,000円Amazonギフト券プレゼントキャンペーンの詳細

キャンペーン名 最大10,000円Amazonギフト券プレゼントキャンペーン
キャンペーン期間
キャンペーン内容 ・音声SIM 30GBプランの方: 8,000円分
・音声SIM 30GB以外の方: 2,000円分
・OCNでんわ有料オプション利用の方: +1,000円分(※1)
・マイセキュア5ライセンス利用の方: +1,000円分
・マイセキュア1ライセンス利用の方: +500円分
キャンペーン対象 チラシが同梱された「OCN モバイル ONE」パッケージのアクティベートコードを用いて音声対応SIMの新規お申し込み手続きを、パッケージ購入後3カ月以内に完了されると自動的に特典の応募となります。
同時にOCNでんわの有料オプション、マイセキュアをお申込みいただき、特典の発送までご契約いただいた場合にはそれぞれの特典の自動応募となります。
30GBの特典は、お申し込み時から特典発送時まで1度もプラン変更しなかった場合にのみ適用となります。

※1:OCNでんわ有料オプションとは、以下3サービスのいずれかを指します
・10分かけ放題オプション
・トップ3かけ放題オプション
・かけ放題ダブルオプション

特徴(メリット・デメリット)

OCNモバイルONEの詳細 オススメ度 ★★★★★
月額料金 900円~
回線 docomo
通話プラン あり
端末セット あり
iPhone 対応
  • 通信制限時の通信速度がそこそこ早い
  • ターボ機能でデータ通信量の消費を節約できる
  • 3つの電話かけ放題プラン
  • 音楽配信サービスの通信量0!MUSICカウントフリー

メリット1.通信制限時の通信速度がそこそこ早い

格安スマホでは月のデータ通信量上限を超えると通信制限がかかり、通信速度が128kbpsになります。

しかし、OCNモバイルONEでは通信制限時も通信速度が200kbpsと高く、さらに150KBまでの読み込みなら高速通信と同じ速度を維持できる『バースト転送』という仕組みを作っています。SNSのページ更新ぐらいならスムーズに読み込めるため、「低速最強」とユーザーから評価されています。

『バースト転送』はオプションではありませんので、無料で設定などもなしで誰でも使うことができます。

メリット2.ターボ機能でデータ通信量の消費を節約できる

『バースト転送』と合わせて使いたいのが『ターボ機能』。『ターボ機能』とは、いつでも自分の好きなタイミングで高速通信とデータ通信量を消費しない低速通信を切り替えられるサービスのことです。

バースト転送によって低速通信時でもそこそこのスピードでネットや動画を楽しめますので、ヘビーユーザーの方にはOCNモバイルはかなりおすすめです。

メリット3.3つの電話かけ放題プラン

プラン名 月額料金 内容
ベーシック 700円 通常の音声通話プラン
10分電話かけ放題 1,550円 10分以内の国内通話が回数無制限で0円
トップ3かけ放題 1,550円 その月の国内通話料上位3番号の通話料が0円
かけ放題ダブル 2,000円 10分電話かけ放題とトップ3かけ放題の組み合わせ

通常の音声通話プランは『ベーシック』ですが、通話が多い人は自分の使い方に合わせて電話かけ放題プランを選ぶことができます。

特に珍しいのが『トップ3かけ放題』。その月に通話時間の長かった上位3名の通話料が自動的に0円になるサービスで、特定の人と長電話をするほとお得になります。OCNモバイルONEの通話料金は20円/30秒ですので、月に21分15秒以上電話する場合は加入しておいた方がお得です。

メリット4.音楽配信サービスの通信量0!MUSICカウントフリー

MUSICカウントフリー
MUSICカウントフリーは、無料で対象の音楽配信サービスが通信量0でたのしむことができるサービスです。現在はお試し期間中で7月31日までとなっていますが、期間が延長されることもありますので音楽好きなら要チェックです。

対象サービスは、amazon music、AWA、dヒッツ、Google Play Music、Spotify、ひかりTVミュージック、レコチョクBESTです。

デメリット1.サポートオプションが有料

OCNモバイルONEの有料電話サポート
OCNモバイルONEには店舗が用意されておらず、初期設定時のサポートも有料の電話サポートや遠隔操作、自宅訪問でのサポートが基本となります。あまりお金をかけたくない格安スマホ初心者の方にとっては少しデメリットですね。

同封の設定説明書はかなり丁寧に解説されていますが、スマホに詳しくない方は十分注意しておきましょう。

デメリット2.月額料金が他社よりも少し高い

低速時の通信速度が担保されている分、OCNモバイルONEの月額料金は他社よりも月額200円~300円ほど高いです。キャリアスマホと比べれば圧倒的に安いですが、月額料金を徹底的に節約したい場合はDMMモバイルイオンモバイルのように月額料金が業界最安値水準のMVNOを選ぶようにしましょう。

料金プラン

音声通話プラン

ベーシック 10分電話かけ放題 トップ3かけ放題 かけ放題ダブル
3GB 1,800円 2,650円 2,650円 3,100円
6GB 2,150円 3,000円 3,000円 3,450円
10GB 3,000円 3,850円 3,850円 4,300円
20GB 4,850円 5,700円 5,700円 6,150円
30GB 6,750円 7,600円 7,600円 8,050円
110MB/日 1,600円 2,450円 2,450円 2,900円
170MB/日 2,080円 2,930円 2,930円 3,380円
500kbps(15GB/月) 2,500円 3,350円 3,350円 3,800円

OCNモバイルONEには『日割りプラン(110MB/日、170MB/日)』と『500kbpsで通信無制限プラン』の2種類の珍しいプランが用意されています。

前者はライトユーザー向けで、月額料金が安いですし万が一通信制限にかかっても翌日に解除してもえます。

後者はyoutubeなどの動画を長時間楽しみたい人向けのプラン。500kbpsあれば360p程度の動画であれば止まらずに楽しむことができます。

SMS対応

通信容量 月額基本料
3GB 1,220円
6GB 1,570円
10GB 2,420円
20GB 4,270円
30GB 6,170円
110MB/日 1,020円
170MB/日 1,500円
500kbps(15GB/月) 1,920円

SMS機能があればLINEをはじめとしたアプリやゲームを楽しむことができます。通話以外を楽しみたい場合に、こちらのプランを選びましょう。

データ通信専用

通信容量 月額基本料
3GB 1,100円
6GB 1,450円
10GB 2,300円
20GB 4,150円
30GB 6,050円
110MB/日 900円
170MB/日 1,380円
500kbps(15GB/月) 1,800円

こちらは完全にネットだけを楽しみたい人向け。一番料金を安く抑えることができます。

初期費用

初期工事費用
(パッケージ費用)
3,000円
SIMカード手配料 394円

どのプランを選んでも上記2つの初期費用が必ず発生します。

利用者の口コミ(通信速度や使い勝手について)

いい口コミ

悪い口コミ

11月MVNOキャンペーン情報

祝トリプルキャリア!3つそろって333キャンペーンmineo 祝トリプルキャリア!3つそろって333キャンペーン!

【キャンぺーン期間】
2018年7月24日(火)~2018年11月6日(火)
【キャンペーン内容】
キャンペーン期間中にauプランまたはドコモプラン、ソフトバンクプランのデュアルタイプに新規お申し込みで月額基本料金が6ヶ月間333円~に割引!

最大16,400円キャッシュバックキャンペーンBIGLOBEモバイル 最大16,400円キャッシュバックキャンペーン!

【キャンぺーン期間】
2018年10月1日~2018年12月2日
【キャンペーン内容】
・SIM単品(音声通話)が月1,200円×6ヶ月間割引
・端末セット(データSIM)が月150円~300円×24ヶ月間割引
・端末セット(音声SIM)が月450円~600円×24ヶ月間割引

スマホ代月300円キャンペーンLINEモバイル スマホ代月300円キャンペーン

【キャンぺーン期間】
2018年7月2日(月)〜11月6日(火)
【キャンペーン内容】
キャンペーン期間中の新規契約で、月額基本利用料が6ヶ月間900円割引になります。

 








この記事をシェアする