楽天モバイルの申し込みはネットと店舗どっちがおすすめ?【お得度や手軽さを比較】

楽天モバイルの申し込み方法は『ネット』と『店舗』の2つが用意されています。多くの方は『ネット』経由の申し込みを行いますが、どちらにもメリット・デメリットがありますので、今回はお得度や手軽さから「どっちの申し込み方法の方がおすすめなのか?」ということについて、ご紹介していきたいと思います。


ネット申し込みと店舗申し込みのメリット・デメリットを比較

ネット申し込み 店舗申し込み
メリット ・手軽に申し込める ・即日で端末をもらえる
・サービスについて詳しく聞ける
デメリット ・スマホに詳しくないとハードルが高い ・店舗が近くにないと面倒
・忙しい人は行くのが難しい

手軽なのは『ネット申し込み』(ネットに慣れている人におすすめ)

手軽に申し込めるのは『ネット申し込み』のメリットですね。パソコンやスマホさえあれば、どこにいながらでも申し込みができますし、申し込みの時間帯に縛られることもありません。

スマホやネット通販に詳しくないと用語の意味や申し込み方法が分からないかもしれませんが、ガジェット・ネットにそれなりに触れている10代~40代の方なら、特にトラブルになることなく申し込めるはずです。特に男性はスマホに強い方が多いので、申し込みぐらいでつまづくことはないでしょう。

働いていると店舗に行く時間を取るのも難しかったり、せっかくの休みをスマホの乗り換えに使うのはもったいないので、暇な時にネットからパパっと申し込みを終わらせましょう。

楽天モバイル ネット申し込みページへこちら

スマホに詳しくない人は店舗申し込みがおすすめ

楽天モバイルの店舗申し込みについて
スマホにあまり詳しくない方や「サービス内容はいまいち分からない」という方は、店舗申し込みがおすすめ。キャリアの時と同じように、店員にサービス内容などについて詳しく教えてもらえます。契約したその日に端末をもらえるのも、店舗申し込みの魅力ですね。

ただし、店舗は全国にあるわけではありません。東京や大阪なら10店舗以上用意されていますが、島根県や高知県などの地方だと店舗が用意されていません。あっても一番大きな都市に1~2店舗ぐらいなので、都市部から離れた場所に住んでいる人ほど、店舗契約が面倒になります。

店舗での待ち時間なども考えると、時間的には結構もったいないですよね。

各地域の店舗情報は楽天モバイル公式サイトからチェックすることができます。

お得度はどっちの申し込み方法でも変わらない

楽天モバイルでは『初月基本料0円キャンペーン』や『端末○○円割引キャンペーン』など、様々なお得なキャンペーンが開かれています。しかし、これらのキャンペーンはWeb・ショップ対象となっており、ネット申し込みでも店舗申し込みでも同じキャンペーン内容を適用してもらうことができます

2017年10月現在だと、『法人紹介キャンペーン!1社紹介するごとに2,000ポイントプレゼント!』がWeb限定となっていますが、それ以外のキャンペーンは全て両方適用となっています。

つまり、お得度に関してはどちらも変わらないというわけです。

ここ数年の楽天モバイルの傾向を見ていても、キャンペーンでどちらかの申し込み方法を優遇するようなことはなかったので、これからもWeb・店舗どちらでもキャンペーン対象になると思われます。もし差をつけるなら『Web』の方が優遇されるようになるでしょう。

そもそも格安スマホは店舗の人件費を削ることで安価な月額基本料金でサービスを提供していますからね。楽天モバイル側から考えれば、ネット中心の申し込みしておきたいはずです。

楽天モバイル – 申し込みの流れ

『ネット申し込み』『店舗申し込み』の手順が分かったところで、ここから実際の申し込みの流れ(手順)をご紹介していきたいと思います。

とはいっても、店舗申し込みは公式サイトから最寄の店舗を探して行くだけですので、ここではネット申し込みを中心にご紹介していきたいと思います。

【申し込みに必要なもの】

  • 支払いに使うクレジットカード
  • 本人確認できる書類(免許証や保険証など)
  • MNP予約番号(今の電話番号を引き継ぐ場合)

※:ネット申し込みでも店舗申し込みでも必要なものは同じです。

公式サイトで最寄りの店舗をチェック

手順1.公式サイトの『お申し込み』をクリック

公式サイトの『お申し込み』をクリック
楽天モバイルの公式サイトに2ヶ所『お申し込み』ボタンがありますので、そちらをクリックします(画像参照)。

契約に必要なものを確認
次のページでは契約に必要なものがプラン別に書いてありますので、記載されている通りに用意しておきましょう。用意が終わったら『今すぐWebでお申し込み』をクリック。

手順2.端末とSIMカードを選ぶ

端末とSIMカードを選ぶ
『端末 + SIMセット』か『SIMのみ』のどちらかを選択します。『端末 + SIMセット』を選んだ場合は端末の選択画面が出てきますので、好きな端末を選びましょう。

端末を選ぶと、端末補償オプションについて聞かれます。任意なので申込む必要はありませんが、『端末補償(500円/月)』を付けておくと、水没、故障、落下・破損などの万が一のトラブルが発生したときに無償で端末交換・修理サービスをしてもらえるので助かりますよ。

SIMタイプを選択
『端末+SIMセット』で端末補償オプションを選び終わった後(または最初に『SIMのみ』を選択した場合)、SIMタイプ選択画面にうつります。『通話SIM』『050データSIM』『データSIM』の3つが用意されているので、好きなSIMタイプを選びましょう。

手順3.料金プランを選択

料金プランを選択
『通話SIM』を選んだ場合、スーパーホーダイの画面が大きく出てきます。組み合わせプランの選択画面は非表示となっていますので、選びたい場合は上画像の部分をクリックし、選択画面を表示しましょう。『050データSIM』やデータSIM』を選んだ場合は、最初から組み合わせプランが表示されるので問題ありません。

最低利用期間を選択
最低利用期間をを選択します。選択したら『SIMサイズ選択へ進む』をクリック。

手順4.SIMサイズを選択

SIMサイズを選択
『nano SIM』『マイクロSIM』『標準SIM』の中からSIMサイズを選択します。SIMサイズは自分の持ってる端末に合わせる必要があります。現在使っている端末をそのまま使う場合は、必ず端末の公式サイトでSIMサイズを確認しておきましょう。

手順5.オプションを選択

オプションを選択
楽天モバイルのオプションは豊富です。それぞれの説明は『サービス・オプションの詳細を見る(上画像)』をクリックすることでチェックできます。

おすすめのオプション
おすすめのオプションは『データ復旧サービス・マカフィー(R)マルチ アクセスパック』『楽天モバイルWiFi by エコネクト』

『データ復旧サービス・マカフィー(R)マルチ アクセスパック』は壊れたデータを5,000円で復旧してもらえるオプションなので、写真や動画、音楽などをスマホに保存する場合は入っておいた方がいいです。

『楽天モバイルWiFi by エコネクト』は日本全国63,000ヶ所以上にある場所でWi-Fiが使い放題になるオプションです。外でネットをたくさん使う人ほど、このオプションがおすすめ。

手順6.アクセサリー購入

スマホケースやSDカード、充電器などのアクセサリー購入画面です。特に必要なものがない場合は『お客様情報入力』へ進んで構いません。

手順7.お客様情報入力&利用規約確認

お客様情報入力
お客様情報は普通の通販と同じです。楽天モバイルの場合は、楽天会員の情報を再利用することができます。楽天会員ではない方は、『楽天会員に新規登録する』か『楽天会員にならずに、お客様情報だけを入力』を選択します。

楽天会員になった方がお得な特典・キャンペーンを受けられるので、このタイミングで会員になっておくのがおすすめ。

お客様情報やクレジットカード情報を入力したら、利用規約を確認して、申し込み完了です。

まとめ

以上が、楽天モバイルの申し込み手順です。説明だと少し長いですが、実際には30分程度で終わるぐらい簡単ですよ。

8月MVNOキャンペーン情報

スマホ代 月300円キャンペーンスマホ代 月300円キャンペーン!

【キャンぺーン期間】
2018/7/2(月)~8/31(金)
【キャンペーン内容】
音声通話SIMを契約し、7/3(火)~8/31(金)の間に利用開始日を迎えた方は、月額基本利用料が6ヶ月間900円割引!

最大11,300円キャッシュバックキャンペーンBIGLOBEモバイル 最大11,300円キャッシュバックキャンペーン!

【キャンぺーン期間】
2018年8月6日~2018年9月30日
【キャンペーン内容】
音声通話SIM/3ギガプランの場合、6ヶ月間毎月月額料金400円割引!

楽天モバイル夏祭りセール!楽天モバイル 夏祭りセール!

【キャンぺーン期間】
2018年8月9日(木)10:00~9月1日(土)9:59
【キャンペーン内容】
HUAWEI nova lite2やAQUOS sense lite SH-M05など人気の機種が最安359円/月~で購入可能!

 








この記事をシェアする