格安スマホ端末はキャリアよりも性能が劣る?カメラ性能やCPU性能を比較

格安スマホ端末はキャリアよりも性能が劣る?カメラ性能やCPU性能を比較

これから格安スマホに変えようと思っているときに気になるのが端末の性能ですよね。ドコモなどのキャリアよりも端末代が安いので「やっぱり値段が安いから性能も低いのかな?」と気になる方も多いかと思います。

そこで今回は、格安スマホの端末がキャリアよりも具体的にどういった部分が劣っているのかを解説していきたいと思います。


お問い合わせ

基本的には格安スマホ端末の方がキャリアスマホよりも性能が劣る

格安スマホでは1万円~6万円の端末が販売されており、キャリアでは7万円~10万円の機種を販売されていますので、格安スマホの方が性能が劣っている傾向にあります。

具体的には

  • カメラ撮影の画質が汚ない
  • 10個アプリを同時に立ち上げると落ちる
  • 3Dゲームをすると動きがカクカクになる

価格が安い端末ほど質を落とさなければいけませんから、不具合も多くなってしまいます。

少し極端に1万円、5万円、10万円の端末を比較すると以下の通り。

1万円
(ロースペック)
5万円
(ミドルスペック)
10万円
(ハイスペック)
アプリ複数でも途中で落ちることも同時に10個使うと落ちるほとんど落ちることはない
タッチパネル反応が悪い素早い動きに対応しない時がある常にサクサク動く
カメラ性能画質が悪い画質はいいが暗闇では×常に綺麗に撮影できる
処理速度重いアプリやゲームでは動かないことも安定性は増すが3Dなどではカクカクどんなものでも比較的サクサク動作
音質高音成分が多く安っぽい標準レベルの音質ゲームや動画を
ネット遅い普通早い
通話普通普通普通

通話機能に関してはどの端末でも差はありませんが、そのほかに関しては値段に比例して性能が良くなると言えます。

おサイフケータイや防水機能が付いていないことも多い

SONYのXperiaやSHARPのAQUOSなど、国産の端末であればおサイフケータイや防水機能が付いているのが当たり前です。

しかし、格安スマホで販売されている端末は海外産の端末が多く、これらの機能が付いていません。

特におサイフケータイやFeliCa(電子マネー決済で使われているシステム)に関してはほぼ100%対応していませんので、スマホ決済を考えている場合は国産の端末を買うようにしましょう

格安スマホ端末は3万円~6万円がほとんど

比較してみると「1万円レベルの端末は絶対に使いたくない・・・」と感じてしまうかもしれませんが、現在の格安スマホの端末はほとんどが3万円~6万円台です。なので、性能的にはキャリアの端末よりもちょっと劣るぐらいの感覚が正しいですね。

もっと分かりやすく言えば「1~2年前ぐらいに販売されたキャリアのスマホ」ぐらいの感じです。

今から1~2年前ですと2017年ぐらいですが、カメラ機能はそこそこ高画質ですし、ラインをはじめとする基本的なアプリも普通に使えてましたよね。

最新の端末と比べてしまうと劣っている部分も多いですが「スマホを持ちたいけど、連絡を取るぐらいでしか使わない」「インターネットとライン、ゲームができればいい」「連絡と、たまにyoutube見るぐらい」というようなライトユーザーは、格安スマホ端末でも特にストレスなく使うことができます。

格安スマホでもハイスペック端末は購入可能

HUAWEI Mate20 PRO2018年12月現在のハイスペック端末と言えばHUAWEI Mate20 PROです。

HUAWEIは格安スマホでは定番のメーカーであり、「安いのにハイスペック」ということでずっと人気なのですが、このHUAWEI Mate20 PROも超ハイスペックです。

特に注目するべきはカメラ性能。一眼レフに匹敵するレベルの画質で写真が撮れるということで、多くのガジェット好きから注目を集めました。

その他にも防水機能や防塵機能も付いていたり、指紋認証・顔認証に対応していたりもします。

端末価格は10万円ですが、楽天モバイルのように分割払いに対応したMVNO(格安スマホ業者)もありますので、購入のハードルはそれほど高くありません。

このように最近はハイスペック端末を取り揃えているMVNOもありますので、「絶対にハイスペック端末じゃないと嫌だ!」という場合はそういった端末を中心に選ぶといいでしょう。

格安スマホで買える高性能な端末&メーカー

HUAWEI(ファーウェイ)

HUAWEI(ファーウェイ)は中国に本社を置く通信会社です。先ほども少し説明したように「高機能&低価格」で格安スマホ端末の代名詞とも言えます。

  • カメラを綺麗に撮りたい
  • ゲームがサクサク動いてほしい
  • 画面がスラスラと動かせないと嫌だ

こういった要望に全て答えてくれるメーカーだとも言えます。

HUAWEIからはいくつか端末が販売されていますが、今(2018年12月27日)から買い始めるなら以下の3端末が最新モデルでおすすめです。

販売時期が新しい順

  • HUAWEI Mate20 Pro:最先端の技術搭載の万能型端末
  • HUAWEI nova 3:長時間バッテリー&パワフルCPU搭載でゲーム向き
  • HUAWEI P20(※):高性能カメラ&コンパクトでカメラ好きにおすすめ

※:HUAWEI P20 liteというサイズが小さい端末もあります。

傾向がハッキリと分かれているため、自分の用途に合わせて選べば間違いありません。

HUAWEIの端末を販売しているMVNOと販売価格は以下の通り。

Mate20 Pronova 3P20
mineo一括:99,600円
分割:4,150円×24ヶ月
一括:49,800円
分割:2,075円×24ヶ月
一括:65,400円
分割:2,725円×24ヶ月
楽天モバイル一括:105,880円
分割:4,764円×24ヶ月
一括:49,880円
分割:2,244円×24ヶ月
一括:64,880円
分割:2,919円×24ヶ月
OCNモバイルONE一括:84,800円一括:34,800円一括:18,800円(lite)
IIJmio一括:109,800円
分割:4,580円×24ヶ月
一括:49,800円
分割:2,080円×24ヶ月
一括:62,800円
分割:2,650円×24ヶ月
BIGLOBEモバイル分割:2,280円×24ヶ月分割:2,900円×24ヶ月
イオンモバイル一括:101,880円
分割:4,584円×24ヶ月
一括:54,800円
分割:2,466円×24ヶ月
一括:69,800円
分割:3,141円×24ヶ月
DMMモバイル一括:111,880円
分割:5,946円×24ヶ月
一括:54,800円
分割:2,912円×24ヶ月
一括:69,800円
分割:3,710円×24ヶ月
LINEモバイル一括:69,800円
分割:3,010円×24ヶ月
NifMo一括:100,000円
分割:4,167円×24ヶ月
一括:48,889円
分割:2,038円×24ヶ月
一括:64,445円
分割:2,686円×24ヶ月
QTmobile一括:49,680円
分割:2,070円×24ヶ月
一括:64,800円
分割:2,700円×24ヶ月

ASUS(エイスース)

ASUS(エイスース)のZenFoneASUS(エイスース)は台湾に本社を置く企業です。もともとはパソコンのマザーボードやグラフィックボードなどを開発していたこともあり、格安スマホが登場した初期から端末を提供しています。

ASUS(エイスース)の端末ZenFoneシリーズとゲームに特化した「ROG Phone」の2つだけですので選びやすいです。

現在(2018年12月27日)の最新ZenFoneはZenFone5です。同時期に販売されたHUAWEI P20と比較すると

  • HUAWEI P20:綺麗な写真が取れて画面も小さく持ち運びやすい
  • ZenFone5:大画面で動画やゲームを楽しめる(価格も1万円ほど安い)

といった違いがあります。全体的にHUAWEIよりもZenFoneの方が安く買うことができます

また、ZenFoneシリーズはいくつか端末が販売されていますが、今(2018年12月28日)から買い始めるなら以下の3端末が最新モデルでおすすめです。

販売時期が新しい順

  • ZenFone Max (M1):低価格でバッテリー長持ち(ライトユーザー向け)
  • ZenFone 5:大画面&高スペックでゲームや動画向き
  • ZenFone Max Plus(M1):低価格で画素数も高くてカメラ向き

傾向がハッキリと分かれているため、自分の用途に合わせて選べば間違いありません。

ZenFoneの端末を販売しているMVNOと販売価格は以下の通り。

Max (M1)5Max Plus(M1)
mineo一括:19,800円
分割:825円×24ヶ月
一括:52,800円
分割:2,200円×24ヶ月
楽天モバイル一括:39,880円
分割:1,794円×24ヶ月
一括:29,800円
分割:1,341円×24ヶ月
IIJmio一括:21,800円
分割:950円×24ヶ月
一括:48,800円
分割:2,050円×24ヶ月
BIGLOBEモバイル分割:950円×24ヶ月分割:2,200円×24ヶ月
イオンモバイル一括:52,800円
分割:2,376円×24ヶ月
DMMモバイル一括:22,800円
分割:1,212円×24ヶ月
一括:52,800円
分割:2,806円×24ヶ月
LINEモバイル一括:52,800円
分割:2,270円×24ヶ月
NifMo一括:22,223円
分割:926円×24ヶ月
一括:48,889円
分割:2,038円×24ヶ月
QTmobile一括:49,680円円
分割:2,070円×24ヶ月

SHARP(シャープ)

AQUOS国内企業で有名なSHARP(シャープ)も格安スマホの端末を販売しています。HUAWEIやASUSとは違い、おサイフケータイや防水機能など国内端末では定番の機能が搭載されているのが特徴です。

販売時期が新しい順

  • AQUOS sense2 SH-M08
  • AQUOS sense plus SH-M07
  • AQUOS R compact SH-M06

「AQUOS」というシリーズで販売されており、現在はAQUOS sense2 SH-M08が最新です。SH-M01からはじまりSH-M08まで8世代分の端末しかありませんので、非常にシンプルに端末を選ぶことができます。

販売時期が新しい順

  • SH-M08:低価格でライトユーザー向け
  • SH-M07:バッテリー長持ち&高スペックでゲームや動画向き
  • SH-M06:画面が小さくて持ち運びしやすい

傾向がハッキリと分かれているため、自分の用途に合わせて選べば間違いありません。

AQUOSの端末を販売しているMVNOと販売価格は以下の通り。

SH-M08SH-M07SH-M06
楽天モバイル一括:29,800円
分割:1,341円×24ヶ月
一括:32,800円
分割:1,476円×24ヶ月
一括:49,880円
分割:2,244円×24ヶ月
OCNモバイルONE一括:21,800円一括:29,800円
IIJmio一括:29,800円
分割:1,250円×24ヶ月
一括:36,800円
分割:1,580円×24ヶ月
一括:49,800円
分割:2,100円×24ヶ月
BIGLOBEモバイル分割:1,380円×24ヶ月分割:1,650円×24ヶ月分割:2,350円×24ヶ月
イオンモバイル一括:32,800円
分割:1,476円×24ヶ月
一括:42,800円
分割:1,926円×24ヶ月
DMMモバイル一括:32,800円
分割:1,743円×24ヶ月
一括:40,800円
分割:2,169円×24ヶ月
一括:64,800円
分割:3,444円×24ヶ月
NifMo一括:33,334円
分割:1,389円×24ヶ月
一括:55,556円
分割:2,315円×24ヶ月
QTmobile一括:36,000円
分割:1,500円×24ヶ月
一括:44,400円
分割:1,850円×24ヶ月

端末が同じなら性能の差はない

ここまで格安スマホとキャリアの端末の性能の違いを説明してきましたが、同じ端末を使う場合は両者に差はありません。ドコモのiPhone 6sを使っても、格安スマホのiPhone 6sを使っても、iPhone 6sという端末自体は変わらないので差が出ることはないというわけですね。

なので、端末は最新のものを購入して、それを格安スマホとして使うことで、キャリアよりも安い料金で最新機種を使うこともできます

格安スマホの作り方

SIMカードを抜いたスマホは「白ロム」と呼ばれ、専門のオンラインショップで中古スマホとして販売されています。最新機種でも2万円引き~半額の値段で販売されているので、購入した白ロムに格安SIMカードを挿入することで最新機種の格安スマホとして使うことができるわけです。

白ロムのオンラインショップはイオシスが有名。

「最新の端末まで取り揃えている商品の豊富さ」と「iPhone 6sでも26,000円以上安く販売されている安さ」がポイントです。

au・ドコモ・ソフトバンク全ての機種がありますが、格安スマホでは8~9割はドコモ端末でしか使えないので、ドコモ端末の中から選ぶようにしましょう。

イオシス公式サイト:http://iosys.co.jp/


Androidの端末セットを購入したい方はこちらも参考に↓

格安スマホのセット販売が安いおすすめ4社はココ!月々600円台もあり
格安スマホのセット販売が安いおすすめ4社はココ!月々600円台もあり格安スマホに乗り換える際に「端末を新しくしたい」「スマホを持っていないから一緒に買いたい」という場合は、端末(スマホ)も一緒に用意しなけ...

iPhoneの端末セットを購入したい方はこちらも参考に↓

格安スマホでiPhoneセットを購入したい人はUQ mobileかY!mobileがおすすめ
iPhoneと格安SIMのセットを購入するならUQ mobile・LINEモバイル・BIGLOBEモバイルがおすすめ「iPhoneを持っていなかったけど、格安スマホとしてiPhoneを使いたい」という方のために、当ページではiPhoneと格安SIMのセ...

おすすめの端末を知りたい方はこちらも参考に↓

【2019年版】おすすめ格安スマホ端末ランキング:各メーカーごとの傾向を解説
【2019年版】おすすめ格安スマホ端末ランキング:各メーカーごとの傾向を解説格安スマホを購入するときに端末も一緒に購入する必要があります。 しかし、スマホに詳しくない人にとっては「どれを選べばいいのかさっぱ...
2月限定 お得なキャンペーン!

新年度に向けて何かとお金が必要になる時期!格安SIMで毎月の携帯料金を減らせば、いつもよりちょっと気持ちに余裕を持った生活ができますよ。今ならお得に乗り換えられるキャンペーンも実施中です。

最大22,794円キャッシュバックキャンペーンBIGLOBEモバイル 最大22,794円キャッシュバックキャンペーン!
【キャンぺーン期間】
2018年12月3日~2019年2月3日
【キャンペーン内容】
・SIM単品(音声通話)が7,200円値引き(月1,200円×6ヶ月間割引)&初期費用(3,394円値引きで)無料
・端末セット(データSIM)が月150円~300円×24ヶ月間割引
・端末セット(音声SIM)が月450円~600円×24ヶ月間割引&初期費用(3,394円値引きで)無料&Gポイントを5,000G進呈(対象機種:HUAWEI P20 lite、HUAWEI nova3、ASUS ZenFone 5)

詳細はコチラ

SNS使い放題 新・月300円キャンペーンLINEモバイル SNS使い放題 新・月300円キャンペーン
【キャンぺーン期間】
2018/11/7(水)~未定
【キャンペーン内容】
キャンペーン期間中の新規契約で、月額基本利用料が3ヶ月間1,390円割引になります。(LINEフリープランの場合は月額基本利用料が3ヶ月間900円割引)

詳細はコチラ

楽天モバイル ありがとう4周年 続・感謝セール!楽天モバイル 2019年 春のスマホ割引キャンペーン!
【キャンぺーン期間】
2019年1月30(水)10:00~2019年3月14日(木)9:59
【キャンペーン内容】
人気スマホHUAWEI nova lite2やAQUOS sense lite SH-M05、iPhone SEが最安314円/月で買える大幅割引で購入可能!在庫がなくなり次第終了となりますので、お早めに!

詳細はコチラ

気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA